サイタWeb・デザインスクールInDesign教室 東京 InDesignで本づくり教室 レッスンノート 電子書籍のご相談

電子書籍のご相談

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

電子書籍制作のご相談を中心に、InDesignの機能についてご紹介しました。

【InDesignでの電子書籍制作】
ご案内したように電子書籍のタイプによっては、必ずしもInDesignでなければつくれないという訳ではありません。
InDesignでも、お見せしたようなモバイルデバイス用のリキッドレイアウトデータをつくれなくはないのですが、実際には対応しているビューアーが少ないようです。ビューアー依存の可変レイアウトはどちらかといえばWeb技術になりますから、InDesignには不向きかもしれません。
固定レイアウトであればInDesign向きではありますが、その場合も電子版で配信するときはInDesignから出力したPDFを配信元の仕様にあわせて変換している形が多いのかな、という印象です。
目的にあわせてご検討ください。

【InDesignの基本機能について】
「選択ツール(黒矢印)」「ダイレクト選択ツール(白矢印)」「テキストツール」「ペンツール」「文字パネル・段落パネル」「レイヤー」など、InDesignの機能の一部はIllustratorと共通しています。
挙動や仕様は少し異なりますが、簡単な図形くらいならInDesign上でつくる方が楽かもしれません。
時間の都合でご紹介できませんでしたが、InDesignでもパスファインダーを使って「複合パス」を作成できます。Illustratorほど使い勝手はよくありませんが、ちょっとしたものを処理するには便利です。

InDesignの特徴的な機能をあげるとすると「ページパネル」「段落スタイル」「文字スタイル」などでしょうか(Illustratorも段落スタイルが実装されていますが、InDesignの方がはるかに便利で機能的です)。
「ページパネル」のテンプレート機能「マスターページ」は紙面のデザイン管理に便利です。また、自動ページ番号やテキスト変数などの便利な機能もうまく活用できると効率的でしょう。
電子書籍制作で利用されるのでしたらハイパーリンク機能なども便利かもしれません。
研究してみてください。

【段落スタイルと文字パネル】
Illustrator・Photoshopと同じように、InDesignでも「文字パネル」と「段落パネル」を使って文字の書式をデザインしていきます。とはいえ、大量のページを編集するときにいちいち文字や段落を選択して書式を編集するのは効率的ではありませんね。
そういうときに「段落スタイル」や「文字スタイル」に書式を登録しておくと便利です。

Webコーディングでいうと、HTMLタグに直接書式を設定するのが「文字パネル」と「段落パネル」、CSSの役割を果たしているのが「段落スタイル」と「文字スタイル」、と考えていただくとイメージしやすいかもしれません(段落スタイルがブロックレベル要素、文字スタイルがインライン要素にあたります)。

WebのCSSほどタイトにスタイルをつくる必要はありませんが、InDesignのページレイアウトでも基本は「段落スタイル」「文字スタイル」で書式を管理する、と考えていただくと良いでしょう。

その他の機能として、InDesignの「段落スタイル」では、正規表現の条件式を利用して任意の文字列に「文字スタイル」を割り当てることができます。例えば、インタビュー記事で人の名前だけ自動でゴシック体にするときなどに便利です。
色々試して研究してみてください。

【JavaScriptの利用】
余談的なお話になりましたが、InDesignではJavaScriptと連携する自動組版機能が実装されています。
生憎私はスクリプト系の作業に明るくないため概要のみのお話となりましたが、InDesignではXMLも利用できるなど、自動化開発のための環境がデフォルトで用意されています。
プログラムに詳しい方はJavaScript、VBA、XMLなどを駆使して自動組版に取り組まれている事例もあるようです。ご興味がありましたらぜひ調べてみてください。

余談ついでにお話しますと、InDesignにはデフォルトで「データ結合」という自動組版機能もあります。こちらはあまり自由度はありませんが、ちょっとしたデータの流し込みには便利です。
このレッスンノートを書いたコーチ

ソフトの基本操作から印刷発注のノウハウまで、デザインのプロに学ぶ!

新着レッスンノート

現在進められている冊子についての確認や、作図機能の不明点などをご案内しました。 【表現の強弱について】 著名人の言葉や本文の一節を書籍の冒頭に引用して、読者に印象づける手法がありますね。 大事な言葉だからと、ついついデザイン処理を加えて強調したくなりますが、強すぎるデザインは、かえっ...

ご経験などを伺いながら、InDesignで作業する際の不明点などをご案内しました。 【テキストデータの配置】 Wordなどのテキストデータを直接InDesignに配置する時、2つの方法があります。 1)画面の任意の場所をクリックして配置 画面で何も選択していない状態で、「ファイ...

制作中の冊子のデータを印刷会社へ入稿する時の注意事項を中心にお話ししました。また、個別の機能に不明点についても随時確認していきました。 【テキストフレームの余白設定】 「テキストフレーム設定」のフレーム内余白は、「コーナーオプション」で角丸などを設定していると、各辺を個別に設定できなく...

お手持ちのパソコンへIllustratorをインストールするための環境確認と、制作物のレイアウト手順やテンプレートファイルを作る手順などを見ていきました。 1)Illustratorをインストールするための環境作り お手持ちのノートパソコンは年式的にも、実装メモリ的にも、Ill...

当初は InDesign でのご相談でしたが、今回のケースは Illustrator の方が良さそうですね。まずは Illustrator を覚えてみましょう。 今日の体験レッスンでは、お渡ししたプリントを元に実際に操作しながら名刺のレイアウトを体験していただきました。 主に使った機能...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta