サイタWeb・デザインスクールInDesign教室 東京 InDesignで本づくり教室 レッスンノート InDesignによるページ作成機能のご体験

InDesignによるページ作成機能のご体験

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

実際にInDesignの画面を操作していただきながら、普段お使いのIllustratorとの違いを体感していただき、InDesignが得意な複数ページの編集機能をご紹介しました。

【レイアウトグリッドによる新規ドキュメントの作成】
InDesignで新規ドキュメントをつくる方法は2種類あります。
お話をうかがった感じでは、レイアウトグリッドによるドキュメント作成がベターと考え、今回はそちらの方法でご案内しました。

レイアウトグリッドは「指定した書体と文字の大きさ・行間で、1ページに何文字・何行入るのか」を基準として、誌面のスペースを考えるための「ガイド」です。
実際にテキストを配置するには、次項で述べる「レイアウトグリッド」を使います。

【フレームグリッドとテキストフレーム】
InDesignでテキストを配置する方法は2種類あります。
Illustratorと同じ様な「テキストフレーム」と、InDesignならではの文字管理機能「フレームグリッド」です。
自由度の高いテキストフレームにくらべ、「フレームグリッド」は「何文字・何行」といった、具体的な字数でフレームの大きさを管理するため、自由度は低いと言えます。
逆に言えば、文字数で原稿を把握しながら誌面を管理・設計できるツールで、ある程度字数が決まっている文章主体の「読み物」を編集するのに向いています。

フレームグリッドは「本文」に。テキストフレームは「ノンブル」や「キャプション」などに利用いただくと良いでしょう。

【テキストの配置】
配置したフレームグリッドにテキストを読み込むにはコピー&ペーストよりも「配置」メニューから行うのがベターです。
時間の都合でご案内できませんでしたが、配置メニューからテキストデータを読み込むと、Wordのルビ(読み仮名)や表などを、そのままInDesignに反映できます。

また、ご覧いただいた様に、マスターページに連結したフレームをつくっておくと、配置したテキストがフレームから溢れても、自動的にページを生成してテキスト全文をとりこむことができます(この機能は環境設定の設定で有効になります。通常、初期設定はページを自動で増やす設定になっています)。

【[マスターページ]とノンブルの作成】
[マスターページ]はノンブルなど、誌面に共通する要素をテンプレートとして登録する機能です。
一度登録したテンプレート(マスターページ)は、いつでもページに反映でき、書籍全体の統一感をつくるために便利な機能です。
今回はマスターページにノンブルをつくりました。
ノンブルをつくるときは普通のテキストフレームでOKです。
「特殊文字の挿入」の「マーカー」から「現在のページ番号」を選び、ノンブル用のテキストフレームに挿入すると、ページパネルのページ情報が反映され大変便利です。
また、このページ番号は、ページパネルの「ページ番号とセクション」で設定できます。ご確認ください。
マスターページにノンブルをつくっておけば、実際のレイアウトページに自動でページ番号が表示されます。ぜひ有効活用してください。

【小口揃えとノド揃え】
ノンブルは通常、左ページは左寄せ、右ページは右寄せの行揃えになります。
お話しした様に、これでは2つの書式がノンブルのために必要になってしまいます。
小口揃えとノド揃えを有効に使うと、1つの行揃え設定で2種類の行揃えを処理できます。

【画像の配置と回り込み】
本文中に画像を配置したいとき、画像と文字がかぶらないようにするには回り込みを設定します。
私の経験上、ご覧いただいた様に、配置した画像の下に回り込み専用のボックスを配置しておく方がレイアウトの自由度が高まり便利と思います。
お好みの方法をお試しください。
このレッスンノートを書いたコーチ

ソフトの基本操作から印刷発注のノウハウまで、デザインのプロに学ぶ!

新着レッスンノート

現在進められている冊子についての確認や、作図機能の不明点などをご案内しました。 【表現の強弱について】 著名人の言葉や本文の一節を書籍の冒頭に引用して、読者に印象づける手法がありますね。 大事な言葉だからと、ついついデザイン処理を加えて強調したくなりますが、強すぎるデザインは、かえっ...

ご経験などを伺いながら、InDesignで作業する際の不明点などをご案内しました。 【テキストデータの配置】 Wordなどのテキストデータを直接InDesignに配置する時、2つの方法があります。 1)画面の任意の場所をクリックして配置 画面で何も選択していない状態で、「ファイ...

制作中の冊子のデータを印刷会社へ入稿する時の注意事項を中心にお話ししました。また、個別の機能に不明点についても随時確認していきました。 【テキストフレームの余白設定】 「テキストフレーム設定」のフレーム内余白は、「コーナーオプション」で角丸などを設定していると、各辺を個別に設定できなく...

お手持ちのパソコンへIllustratorをインストールするための環境確認と、制作物のレイアウト手順やテンプレートファイルを作る手順などを見ていきました。 1)Illustratorをインストールするための環境作り お手持ちのノートパソコンは年式的にも、実装メモリ的にも、Ill...

当初は InDesign でのご相談でしたが、今回のケースは Illustrator の方が良さそうですね。まずは Illustrator を覚えてみましょう。 今日の体験レッスンでは、お渡ししたプリントを元に実際に操作しながら名刺のレイアウトを体験していただきました。 主に使った機能...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta