サイタWeb・デザインスクールInDesign教室 東京 InDesignで本づくり教室 レッスンノート 配置画像の編集と目次の抽出

配置画像の編集と目次の抽出

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスンもお疲れ様でした。
不明点の復習を中心に、画像配置や目次の抽出方法などについてもご案内しました。

【配置画像の編集】
InDesignの画像には常にフレームがついてきます(フレームの中に画像が入っているイメージです)。
「画像のみ」「フレームのみ」でそれぞれ選択できるし、それぞれ大きさを変えられるため、慣れないと不便に感じるかもしれませんね。
画像の大きさをドラッグして調整する時は、まずフレームを選択し、フレームごと画像のサイズを調整するのが基本です。
ドラッグする時に下記のキーボードショートカットを併用しましょう。

●Ctrl キー+Shift キー を押しながらドラッグ
 画像のタテヨコ比率を保ったまま大きさを調整できます
●Ctrl キー+Shift キー+Altキー を押しながらドラッグ
 画像のタテヨコ比率を保ったまま、画像の中心を基準に大きさを調整できます

ドラッグする前にキーボードのボタンを押しておくこと。
大きさを調整したら、キーボードのボタンは押したまま、先にマウスのボタンを離すこと(【注意】マウスを離す前にキーボードのボタンを離すと形が歪んでしまいます)。
この2点が操作のポイントです。

「画像のみ」「フレームのみ」で動かすのは「画像のトリミングを調整する時」と意識していただくと良いかなと思います。

【目次の抽出方法】
授業で実践していただいたように、あらかじめ[段落スタイル]を適用しておけば、目次機能を使って見出しを抽出できます。
手順の流れを以下にメモしておきますので参考にしてください。

1)[レイアウト]メニュー → 「目次」で設定画面を開く。
2)目次の設定画面で抽出する見出しの[段落スタイル]を選ぶ。
3)抽出する項目ごとに[段落スタイル]を設定する。また、ノンブルとタブに[文字スタイル]を適用しておく(あとで編集します)。設定が済んだら「OK」をクリック。
4)本文とは別の、任意のテキストフレームに目次のテキストを流し込む。
5)(3)で設定しておいた目次用の[段落スタイル]を編集して体裁を整える。数字の向きを直すには「自動縦中横設定」を確認しましょう。また段落前後の空きやタブの設定も行います(見出しの長さにあわせてタブの位置を調整してくださいね)。
6)ノンブルとタブの[文字スタイル]を調整し、大きさなどの体裁を整えます。

次回も引き続きよろしくお願いいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

ソフトの基本操作から印刷発注のノウハウまで、デザインのプロに学ぶ!

新着レッスンノート

現在進められている冊子についての確認や、作図機能の不明点などをご案内しました。 【表現の強弱について】 著名人の言葉や本文の一節を書籍の冒頭に引用して、読者に印象づける手法がありますね。 大事な言葉だからと、ついついデザイン処理を加えて強調したくなりますが、強すぎるデザインは、かえっ...

ご経験などを伺いながら、InDesignで作業する際の不明点などをご案内しました。 【テキストデータの配置】 Wordなどのテキストデータを直接InDesignに配置する時、2つの方法があります。 1)画面の任意の場所をクリックして配置 画面で何も選択していない状態で、「ファイ...

制作中の冊子のデータを印刷会社へ入稿する時の注意事項を中心にお話ししました。また、個別の機能に不明点についても随時確認していきました。 【テキストフレームの余白設定】 「テキストフレーム設定」のフレーム内余白は、「コーナーオプション」で角丸などを設定していると、各辺を個別に設定できなく...

お手持ちのパソコンへIllustratorをインストールするための環境確認と、制作物のレイアウト手順やテンプレートファイルを作る手順などを見ていきました。 1)Illustratorをインストールするための環境作り お手持ちのノートパソコンは年式的にも、実装メモリ的にも、Ill...

当初は InDesign でのご相談でしたが、今回のケースは Illustrator の方が良さそうですね。まずは Illustrator を覚えてみましょう。 今日の体験レッスンでは、お渡ししたプリントを元に実際に操作しながら名刺のレイアウトを体験していただきました。 主に使った機能...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta