サイタWeb・デザインスクールInDesign教室 兵庫 らくらくInDesign教室 レッスンノート マスターページ、段落スタイルの使い方

マスターページ、段落スタイルの使い方

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

まずは昨日の復習をざっとしました。
レイアウトグリッドの方なら、本文の文字の設定とマージン(余白)の設定をして
ファイルを開きます。
マージン・段組の方なら、天地ノド小口のマージンの設定をしてファイルを開きます。

●マスターページ(テンプレート)の設定
どちらも、ページパネルからマスターページをクリックして開き
Tのマークの文字ツールを選んで、マージンに合わせてドラッグして
テキストフレームを作ります。
レイアウトグリッドの方なら、最初の設定通りの文字設定をします。
マージン・段組の方なら、仮に文字を流し込んで本文の設定をします。

●ページ番号(ノンブル)の設定
マスターページ上に、テキストフレームを作り
[書式]→[特殊文字の挿入]→[マーカー]→[現在のページ番号]を選びます。
AマスターならA、BマスターならBと表示されるので
その文字を選択して、ノンブルの文字設定をします。

●段落スタイルの設定
仮に文字を流し込んで本文の設定をしたら、その文字を選択し
[書式]→[段落スタイル]を選び、新規スタイルを作成します。
新しいスタイル名がパネル上に表示されたら、クリックして適用させます。

●ページの増やし方
ファイルを開くときに必要なページ数を設定することもできますが
途中でページを追加することができます。
マスターページのアイコンを下にドラッグして追加するか
ページパネルのオプションから、[ページを挿入]を選び
挿入するページ数と、どこに挿入するかを選びます。

●マスターページの適用
複数マスターページがある場合には
ページパネルで、ページの上にドラッグすれば
それぞれのマスターページが適用されます。

★各ドキュメントページで、作業をする前に
control+shiftを押しながら、アイテムをクリックまたはドラッグして
選択できるようにします。

図形の描き方、タブを使った目次の作り方、表紙ファイルの作り方などを
ざっとご説明しました。
このレッスンノートを書いたコーチ

女性誌など本のデザイン経験多数!楽しみながら自然とセンスが磨かれる講義

新着レッスンノート

体験レッスンお疲れ様でした。 お時間ギリギリになってしまって申し訳ありませんでした。 授業のレジュメのリニューアルということで インデザインでどんなことができるか、マスターページ 段落スタイル、ライブラリーなどを見ていただきました。 イラレのデータをインデザイン上に直接貼り付...

ポートフォリオを見てほしいということでしたので 見せていただいて、気づいたことをお伝えしました。 webとグラフィック、両方できますというのが強みと感じました。 UIデザインの方で作られたアイコンなども たくさん並べると、強みをアピールできるような気がします。 ポートフォリオ...

体験レッスンお疲れ様でした。 InDesignにIllustratorのファイルを、一度にたくさん配置する方法を いくつかやってみました。 ◆手動 [ファイル]メニュー→[配置]→[読み込みオプションを表示]にチェックを入れます。 イラストレーターのファイルを選び、[開く]を...

レッスンお疲れ様でした。 英語のテキストのお仕事ということで 問題点を1つずつ、検討していきました。 段落スタイル、文字スタイルを併用することで 解決できることは解決できたかと思います。 アンダーラインの設定ですが、下線設定でブラックにしておけば ピンクの文字色だけを、...

メッセージのやりとりでお伝えしました。 まとまりのある誌面になっていたと思います。 文章でお伝えしたのでわかりにくいこともあるかと思います。 また遠慮なく聞いてください。

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta