サイタWeb・デザインスクールInDesign教室 愛知 タグチ・DTPスクール レッスンノート グリッドツールの特徴と各種スタイルについて

グリッドツールの特徴と各種スタイルについて

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

今日はお久しぶりでしたが、お仕事で実際に利用されているので、使っていて疑問に思っている部分を中心にお話ししました。

まず、今お仕事で作成されているデータは、最初から作成されたものではなく、過去データを流用して作られているため、スタイルのルールが統一されておらず、曖昧なまま進められているようです。

ざっと拝見したところ、作成されているデザインに対して、設定されている段落スタイルの数が多いように感じました。試しに未使用のスタイルを選択してみると、かなりの数のスタイルが使用されていませんでした。未使用スタイルの選択は、段落スタイルパネルのサブメニューから行います。
もし、必要がない段落スタイルがあるようだったら、削除しておいてください。ただし、作成されているデータはブック機能を使って他のファイルと統合しているようなので、もしかしたら他のファイルで使用しているスタイルかもしれません。また、今回は使用しないデザインでも、次回のレイアウトで使用する場合もあります。削除をする前に、必ず他の方の了解を取ることは忘れないでくださいね。

段落などの各種スタイルは、適用した後に手動で変更を加えるとスタイル名の横に「+」がつき、変更されたことがわかります。今回のデータは、かなりの範囲で「+」がついていたため、手動で変更が加えられています。おそらく、元々デザイン設計した人から正しく情報が伝達されずに作業が進み、手動で変更を加えてしまっているからだと思います。できれば余裕のある時に一度洗い出しを行い、整理をすることをお勧めします。
今回のデータでは、スタイルの中で「特集」という名称でグループ化されている部分があり、おそらくその部分は特集ページで使用するスタイルだと考えられます。このようにグループ化されるだけで、情報が整理されスタイルの管理も行いやすいので、グループ化を上手に使って整理してください。

今回作っているデータには、文字スタイルも作成されています。文字スタイルと段落スタイルの使い分けをできていない人もいますが、文字スタイルは段落スタイルでできない部分をフォローするものと考えてください。例えば商品名や人名のみ書体を変更したい場合(単語単位)などです。今回のデータでは文字スタイルの数も適正で上手く利用されていると思います。ただ、文字スタイルと段落スタイルでは文字スタイルを優先するので注意が必要です。通常は文字スタイルは[なし]を選択しているようにしてくださいね。

次にフレームグリッドとテキストフレームの違いについて説明しました。どちらも文字データを流し込むためのオブジェクトですが、データのもち方に大きな違いがあります。フレームグリッドは、文字を中心とした考え方です。どのフォントが何文字分入るか?ということを最優先します。対してテキストフレームはレイアウト上の横幅と高さを優先します。つまりフレームグリッドは指定した文字サイズの整数の大きさにしかレイアウトできませんが、テキストフレームの方は入るように文字間が自動に調整するので微妙なサイズにレイアウトできます。Illustartorのエリア内文字ツールに慣れている方にはテキストフレームの方が使いやすいと思います。今回のデータは、ほとんどがフレームグリッドを利用しています。これは、このページデザインは文字を中心としたカチッとしたレイアウトなので、フレームグリッドを利用したのだと思います。ただし、リード文や参照文などの基本フォーマットと異なる部分では、少し融通が効きづらく調整に苦労されていました。この場合は、フレームグリッドをやめてテキストフレームに変更することをお勧めします。フレームの変更はオブジェクトメニューよりフレームの種類で行えます。
また、フレーム自体に罫線を入れることもできます。これは、イラレと同様にカラーパネルで行えます。フレーム内でテキストとの間に余白を入れたい場合は、オブジェクトメニューのテキストフレーム設定で行えます。よく使う設定であれば、オブジェクトスタイルに登録しておくことをお勧めします。

次に表について説明しました。表作成はテキストを表に変更することとExcelやWordで作った表をそのまま配置する方法があります。テキストを表に変更する時はタブと改行で列と行を区切るのが一般的です。もし余分なタブや改行がある場合は、変更前に調整しておいた方が作業がスムーズに進みます。
Excelの表を配置するのはファイルメニューの配置から行います。この時読み込みオプションを表示すると、シートやセルを選択できます。
新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした! 今日は、少しお仕事の内容から離れて、Photoshopのパペットワープを使って元のデータを加工する方法を説明しました。 まず、パペットワープは人物などの画像のポーズを自由に変更できる機能です。固定したい位置をクリックし、ピンをとめている状態で動かしたい位...

レッスンお疲れさまでした。 今回は、前回うまくできなかった太陽の描きかたを練習しました。 太陽の表面の質感やフレアを描くにはIllustratorよりもPhotoshopの方が適しています。 Photoshopで基本となる円をシェイプツールで描きます。 この図形にパターンオーバ...

レッスンお疲れさまでした。 今日は当初の予定では、太陽のフレアのイラストを完成させる予定でしたが、うまく描くことができなかったため、Photoshopの選択のやり方やレイヤーのオーバーレイ、フィルタ機能について説明しました。 まずPhotoshopはピクセルという小さな四角形の集ま...

レッスンおつかれさまでした。 今回は光彩やブレンドツールなどで、光(キラキラ)の表現のやりかたを練習しました。 まずは光彩です。見本であらかじめ送っていただいたイラストでは、アピアランス機能を用いて、塗りを2枚重ねています。 下にある塗りは、ぼかしを使っていますが、ぼかしの幅を多...

レッスンお疲れさまでした。 今日は、今まで作成していた冊子とは別のパンフレットの作成を行いました。 ご自分である程度作業を進めていただいていたので、前回に続いて質問に答える形式で行いました。 まず、InDesignに配置されたタイトル部分の位置あわせですが、これは画像フレームの位置を...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta