サイタWeb・デザインスクールInDesign教室 愛知 タグチ・DTPスクール レッスンノート InDesignの使い方

InDesignの使い方

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

実際にお仕事でInDesignを使い始めて、いろいろ疑問点が出てくることだと思います。今日は、そういった疑問点を一つずつ解決していきました。

まず、テキストの回り込みの設定は、ウィンドウメニューより「テキストの回り込み」パネルを表示しておきます。テキストの回り込み設定は、画面上部にあるコントロールパネルでもできますが、より詳細な設定は、この「テキストの回り込み」パネルを使います。

ご質問のあった画像フレームの回り込みの際、文字がくっついてみえるという現象は、このテキストの回り込みパネルのオフセット値を変更することで対応できます。このオフセット値は、鎖マークを外しておくと上下左右すべての方向にそれぞれ値を入れられます。

テキストの回り込みの設定を行うと、基本はすべてのテキストが回り込んでしまいます。例えば画像の下にキャプションなどを入れたい場合は、新たにテキストフレームを追加しても、この回り込みの機能が働いてしまい、表示できなくなって困ります。こういった場合は、回り込みを回避したいテキストフレームの設定で「テキストの回り込みを無視」にチェックを入れてください。テキストフレームの設定は、オブジェクトメニューにあります。

テキストの回り込みや、回り込みを無視といったオブジェクトの設定が何度も出てくるのであれば、オブジェクトスタイルに登録しておくと便利です。
一度オブジェクトスタイルを作っておくと、後は適用するだけで変更されます。
スタイルは、一斉変更ができるので、一斉にオフセット値を変えたい場合などにも便利ですね。

次のご質問は、他のドキュメントで作成したページを丸ごとコピー(差し込み)する方法についてでした。
こちらは、ページパネルを利用しました。複数のドキュメントを開くと、基本はタブ形式という状態で一つのウィンドウの中に作業しているドキュメントが表示されていますが、これをそれぞれ別のウィンドウでみえるようにタブを切り替えておきます。タブの部分をもって、外に向かってドラッグするとタブが切り替わりもうひとつウィンドウが表示されるはずです。

この状態で、コピーしたいページをページパネルで選択します。
その後、コピーしたい先のドキュメントの中にドラッグ&ドロップしてください。
入れる場所をきいてくるダイアログボックスが表示されるので、正しい位置でOKを出すとそこにコピーされたページが差し込まれます。
ただ、この場合注意していただきたいのは、InDesignは奇数ページと偶数ページの概念を覚えているため、差し込むページの枚数が奇数の場合は、レイアウトが崩れてしまうことがあります。
また、できれば一枚ずつ差し込んだ方がレイアウトの崩れが少ないようです。
ページパネルの右上にあるサブメニューに「ドキュメントページの移動を許可」と「選択スプレッドの移動を許可」にチェックがないと、ページが移動してくれません。
ただし、レイアウトの固定のために、あえてチェックを外している場合もあるので、十分注意して作業を進めてくださいね。

最後にTIPSとしてお話ししたことは、InDesignではコントロールパネル上で四則計算ができるということです。たとえば、今ある大きさの半分のサイズにしたい場合は「/2」と入力し、確定するとその数値の半分になります。3分割したい場合など、計算するのが面倒な時に使ってくださいね。初期値では単位はmmですが、Qやptと入力すると級数やポイントで計算してくれます。
13級の文字一文字分下げたい場合は、Y座標を+13qと入力すると、一文字分下に移動してくれます。
きっちりとしたレイアウトをする場合は重宝するので、ぜひ使ってくださいね。
新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした! 今日は、少しお仕事の内容から離れて、Photoshopのパペットワープを使って元のデータを加工する方法を説明しました。 まず、パペットワープは人物などの画像のポーズを自由に変更できる機能です。固定したい位置をクリックし、ピンをとめている状態で動かしたい位...

レッスンお疲れさまでした。 今回は、前回うまくできなかった太陽の描きかたを練習しました。 太陽の表面の質感やフレアを描くにはIllustratorよりもPhotoshopの方が適しています。 Photoshopで基本となる円をシェイプツールで描きます。 この図形にパターンオーバ...

レッスンお疲れさまでした。 今日は当初の予定では、太陽のフレアのイラストを完成させる予定でしたが、うまく描くことができなかったため、Photoshopの選択のやり方やレイヤーのオーバーレイ、フィルタ機能について説明しました。 まずPhotoshopはピクセルという小さな四角形の集ま...

レッスンおつかれさまでした。 今回は光彩やブレンドツールなどで、光(キラキラ)の表現のやりかたを練習しました。 まずは光彩です。見本であらかじめ送っていただいたイラストでは、アピアランス機能を用いて、塗りを2枚重ねています。 下にある塗りは、ぼかしを使っていますが、ぼかしの幅を多...

レッスンお疲れさまでした。 今日は、今まで作成していた冊子とは別のパンフレットの作成を行いました。 ご自分である程度作業を進めていただいていたので、前回に続いて質問に答える形式で行いました。 まず、InDesignに配置されたタイトル部分の位置あわせですが、これは画像フレームの位置を...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta