サイタWeb・デザインスクールInDesign教室 愛知 タグチ・DTPスクール レッスンノート InDesignの基本操作

InDesignの基本操作

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!

今日は体験レッスンだったので、前半はInDesginの簡単な説明を行い、後半はその中で気になった部分(表作成と段落スタイル)を実際に触っていただきました。

まず、InDesignで覚えておいていただきたい部分がマスターページです。
マスターページは、実際に作成するページの雛形となるものでノンブルやインデックスなどで利用します。
マスターページで作成したアイテムはマスターアイテムとよばれ、実際に作成しているドキュメントページでは選択したりすることはできません。
ただし、今回は練習しなかったのですが、オーバーライドという機能を使えば、マスターアイテムを自由に変更することも可能です。
Illustratorでページものを作るときは、ノンブルはすべてのページで自分で入力しないといけなかったと思いますが、InDesignではマスターページに特殊な設定(自動番号)の文字を入力することで、自動的にページ番号をつけることができます。
また、ページ番号も自分が設定したページ数から開始できるので、たとえば複数のメンバーで作成しているときに、自分の開始番号を指定してから作り始めます。
今回は、時間がなかったのでこの練習は割愛しました。

次に覚えておいていただきたいことが各種のスタイルです。特に段落スタイルと文字スタイルはしっかりおぼえておいてください。今回は段落スタイルの登録を行いました。
行間を変更した文字列を選択し、段落スタイルパネルより新規段落スタイルを選択すると、変更した条件をもった段落スタイルが作成されます。
この後、適用したい文字列にこの段落スタイルを適用すると、一気に文字種を変更することができます。さらに、後から変更を加えたい場合は、段落スタイルのみを変更することで、適用された文字列すべてが一気に変わります。多くの文字列を扱うページものでは、この機能はかかせない機能なので、しっかり理解して使いこなせるようになってくださいね。

今回、特に時間を割いて作ってみたのが、表の作成です。
表作成も、InDesignが得意とする機能なので、しっかり覚えておいてください。
作成方法はとても簡単で、表メニューより作成したい表の列数と行数を設定すると、表が作成されます。
セル単位で線の設定ができるので、必要な部分の線をコントロールパネルで選択し、線が必要ない部分の線幅を0にすると、線が表示されません。
今回は、少しデザイン的な表を作ってみたので、線を調節しましたね。
また、InDesignの表が優れていると思う部分がヘッダ機能と塗りつぶしのパターン塗りの機能です。
まずヘッダ機能は、テキストフレームが分かれた場合でも表の最初の行に項目などが必ずくるようになる機能です。
塗りつぶしパターンは、交互に色を塗る機能です。Illustratorでは自分で色を塗らないといけなかったので、変更が起こった場合など面倒でしたよね。
InDesignではここを設定するだけで、自動で塗りつぶしてくれるので、とっても便利な機能です。
新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした! 今日は、少しお仕事の内容から離れて、Photoshopのパペットワープを使って元のデータを加工する方法を説明しました。 まず、パペットワープは人物などの画像のポーズを自由に変更できる機能です。固定したい位置をクリックし、ピンをとめている状態で動かしたい位...

レッスンお疲れさまでした。 今回は、前回うまくできなかった太陽の描きかたを練習しました。 太陽の表面の質感やフレアを描くにはIllustratorよりもPhotoshopの方が適しています。 Photoshopで基本となる円をシェイプツールで描きます。 この図形にパターンオーバ...

レッスンお疲れさまでした。 今日は当初の予定では、太陽のフレアのイラストを完成させる予定でしたが、うまく描くことができなかったため、Photoshopの選択のやり方やレイヤーのオーバーレイ、フィルタ機能について説明しました。 まずPhotoshopはピクセルという小さな四角形の集ま...

レッスンおつかれさまでした。 今回は光彩やブレンドツールなどで、光(キラキラ)の表現のやりかたを練習しました。 まずは光彩です。見本であらかじめ送っていただいたイラストでは、アピアランス機能を用いて、塗りを2枚重ねています。 下にある塗りは、ぼかしを使っていますが、ぼかしの幅を多...

レッスンお疲れさまでした。 今日は、今まで作成していた冊子とは別のパンフレットの作成を行いました。 ご自分である程度作業を進めていただいていたので、前回に続いて質問に答える形式で行いました。 まず、InDesignに配置されたタイトル部分の位置あわせですが、これは画像フレームの位置を...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta