Web・デザインスクールInDesign教室レッスンノート 段落スタイルと表機能について

段落スタイルと表機能について

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

本日は体験レッスンということで、ご持参いただいたレイアウトを作成するために使用する機能を中心に、InDesignの使い方をご説明しました。

まず、現在使用されているフォーマットを拝見したところ、段落スタイルを使用していなかったので、段落スタイルの活用をおススメします。
段落スタイルとは、フォントの種類やサイズ、行間をはじめとした文字の見た目に関する情報を登録しておくことで、作業のスピードアップや効率化をはかるための機能です。
今回、具体的に説明したのは、曜日ごとに文字カラーが異なっていたのでこれを段落スタイルに登録し、変更したい文字に適用を行いました。
段落スタイルの利点は、作成時の時間短縮はもちろん、修正の時にその威力を発揮します。

たとえば、初校を提出した後に文字情報の変更の指示が入った場合、段落スタイルを利用していないと、該当するすべての箇所を手動で修正することになります。段落スタイルを利用している場合、段落スタイルを修正すれば、適用していた箇所すべて一斉に変更できます。
また、後から説明する表組で使用するセルスタイルと連動できるので、作業がさらにスピードアップできるので、ぜひ覚えておいてください。

次に、表作成についてです。表作成は非常に簡単で、表メニューより表作成を選択します。表作成の初期設定では、セルの四方すべての罫線は実線で表示されますが、後から自由にカスタマイズすることができます。
たとえば、今回の例でいうと日付と六曜の境目の線はいらないので線を無(0mm)と設定しなおせば、印刷時には線がない状態、つまり境目がないような状態でみえます。

さらにセルと入力した文字の余白の設定ができます。
こちらも初期値は0だったので、罫線と文字がつまってみえたので2mmほどアキの設定を行いました。

InDesignでは文字情報だけでなく、こういった表やセルの情報もスタイルに登録できるので、こちらも利用すれば、罫線などのセル表を設定する時間が省けます。

また、セルスタイルでは、先ほど説明した段落スタイルを指定することもできます。
今回練習したのは、セルスタイルはセルとテキストの余白を2mmに設定し、罫線を変更したものでした。さらに、このセルの中に入れる文字は左揃えでフォントと文字サイズを変更してあるので、あらかじめ段落スタイルに登録しておきます。セルスタイルを設定するときに、この段落スタイルを指定しておけば、段落スタイルを手動で適用させる必要はありません。操作が少し減って、よりスピードアップをはかれます。

InDesignは、今回説明したスタイルを多用するソフトなので、しっかりマスターしてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

商社での指導や雑誌作成経験!セミナー講師も務めるベテランの先生

タグチ・DTPスクール
田口奈緒子 (InDesign)

名古屋・金山・千種・栄・伏見・新栄町・今池・池下・覚王山・本山・星ヶ丘・一社・久屋大...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta