サイタWeb・デザインスクールInDesign教室 愛知 タグチ・DTPスクール レッスンノート Illustrator CS2での入稿

Illustrator CS2での入稿

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

今日は、実際のお仕事を行う上で生じた疑問についてお答えするという形式で行いました。
まず、以前からご質問のあった「テキストのリンク配置」についてです。
テキストエリアにテキストデータを取り込むという意味での「配置」や、長文をレイアウトする際に段組みのように複数のテキストエリアに文章を流しこむスレッドのリンクという機能はありますが、ご質問のあったような画像の「リンク」や「埋め込み」のような概念はありません。

テキストデータをアウトラインしたデータ(Illustratorではオブジェクトという概念)と、テキストデータを画像化したデータを配置したものの容量を比較したところ、アウトラインデータの方がはるかに軽量になりました。データ容量のためではないと思います。
テキストデータを画像化してIllustratorに配置するという操作は、今まで聞いたことがありませんが、強いてメリットをあげるとしたら、ダイレクト選択ツールなどで不用意に一文字のみ消去や変形されるのを防ぐためというのが考えられます。ただ、私のまわりでそのような操作をしている人はきいたことがありません。
現状のまま、アウトラインデータで問題がないと思いますよ。

次に、透明効果についてです。
透明効果については、基本的に「高解像度」を選択しておいてください。
CS2では三カ所確認する部分があります。
まずはドキュメント設定メニューの透明効果です。
初期設定では、ドキュメント設定メニューでは最初「アートボード」が表示されるのでここを「透明」に切り替えて設定してください。
持参してくださったパソコンでは、カスタム設定になっていました。
これは、御社の設定だと思うので、そのまま使用してください。
透明効果をつけたオブジェクトに対しても、オブジェクトメニューの「透明部分を分割・統合」から「高解像度」を選択してください。(ここでも、カスタム設定があれば、その設定にしましょう)
また、ドロップシャドウや光彩などの効果をつけたものに対しても、効果メニューのドキュメントのラスタライズ効果設定より「高解像度」を選択してください。
最後にEPS保存する時にもEPSの保存オプションにも「高解像度」を選択する部分があるので、こちらも変更してください。
新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした! 今日は、少しお仕事の内容から離れて、Photoshopのパペットワープを使って元のデータを加工する方法を説明しました。 まず、パペットワープは人物などの画像のポーズを自由に変更できる機能です。固定したい位置をクリックし、ピンをとめている状態で動かしたい位...

レッスンお疲れさまでした。 今回は、前回うまくできなかった太陽の描きかたを練習しました。 太陽の表面の質感やフレアを描くにはIllustratorよりもPhotoshopの方が適しています。 Photoshopで基本となる円をシェイプツールで描きます。 この図形にパターンオーバ...

レッスンお疲れさまでした。 今日は当初の予定では、太陽のフレアのイラストを完成させる予定でしたが、うまく描くことができなかったため、Photoshopの選択のやり方やレイヤーのオーバーレイ、フィルタ機能について説明しました。 まずPhotoshopはピクセルという小さな四角形の集ま...

レッスンおつかれさまでした。 今回は光彩やブレンドツールなどで、光(キラキラ)の表現のやりかたを練習しました。 まずは光彩です。見本であらかじめ送っていただいたイラストでは、アピアランス機能を用いて、塗りを2枚重ねています。 下にある塗りは、ぼかしを使っていますが、ぼかしの幅を多...

レッスンお疲れさまでした。 今日は、今まで作成していた冊子とは別のパンフレットの作成を行いました。 ご自分である程度作業を進めていただいていたので、前回に続いて質問に答える形式で行いました。 まず、InDesignに配置されたタイトル部分の位置あわせですが、これは画像フレームの位置を...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta