Web・デザインスクールInDesign教室レッスンノート Illustrator CS2での入稿

Illustrator CS2での入稿

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

今日は、実際のお仕事を行う上で生じた疑問についてお答えするという形式で行いました。
まず、以前からご質問のあった「テキストのリンク配置」についてです。
テキストエリアにテキストデータを取り込むという意味での「配置」や、長文をレイアウトする際に段組みのように複数のテキストエリアに文章を流しこむスレッドのリンクという機能はありますが、ご質問のあったような画像の「リンク」や「埋め込み」のような概念はありません。

テキストデータをアウトラインしたデータ(Illustratorではオブジェクトという概念)と、テキストデータを画像化したデータを配置したものの容量を比較したところ、アウトラインデータの方がはるかに軽量になりました。データ容量のためではないと思います。
テキストデータを画像化してIllustratorに配置するという操作は、今まで聞いたことがありませんが、強いてメリットをあげるとしたら、ダイレクト選択ツールなどで不用意に一文字のみ消去や変形されるのを防ぐためというのが考えられます。ただ、私のまわりでそのような操作をしている人はきいたことがありません。
現状のまま、アウトラインデータで問題がないと思いますよ。

次に、透明効果についてです。
透明効果については、基本的に「高解像度」を選択しておいてください。
CS2では三カ所確認する部分があります。
まずはドキュメント設定メニューの透明効果です。
初期設定では、ドキュメント設定メニューでは最初「アートボード」が表示されるのでここを「透明」に切り替えて設定してください。
持参してくださったパソコンでは、カスタム設定になっていました。
これは、御社の設定だと思うので、そのまま使用してください。
透明効果をつけたオブジェクトに対しても、オブジェクトメニューの「透明部分を分割・統合」から「高解像度」を選択してください。(ここでも、カスタム設定があれば、その設定にしましょう)
また、ドロップシャドウや光彩などの効果をつけたものに対しても、効果メニューのドキュメントのラスタライズ効果設定より「高解像度」を選択してください。
最後にEPS保存する時にもEPSの保存オプションにも「高解像度」を選択する部分があるので、こちらも変更してください。
このレッスンノートを書いたコーチ

商社での指導や雑誌作成経験!セミナー講師も務めるベテランの先生

タグチ・DTPスクール
田口奈緒子 (InDesign)

名古屋・金山・千種・栄・伏見・新栄町・今池・池下・覚王山・本山・星ヶ丘・一社・久屋大...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta