サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 愛知 タグチ・Illustratorスクール レッスンノート に図形を移動するやり方や、レイヤーの表示/非表示を切り替えるやり方

に図形を移動するやり方や、レイヤーの表示/非表示を切り替えるやり方

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンおつかれさまでした。

今日は、前回と異なりMacでの作業となったので、前半部分はMacの基本操作をご説明しました。ファイルを開いたり閉じたりなどの基本操作はWindowsもMacも同じですが、コントロールパネルやマイフォルダに該当するものがどれか?といったことは少しわかりにくいですよね。
それぞれ、使いやすい部分と使いにくい部分があるので、両方ともしっかりとマスターしていただければ、レベルアップになると思うので、がんばってくださいね。

Illustratorの操作は、前回の図形作成を発展し、図形を組み合わせて作品を作っていきました。
最初に作ったのは、Appleのロゴマークです。
ここでは、以下の機能を使いました。新しく説明した機能がほとんどなので、しっかり覚えておいてくださいね。
・楕円形の作成
・回転
・リフレクトツールで縦にミラーリングしてコピーする
・二つのオブジェクトを合体させる(パスファインダパネル)
・前面オブジェクトで型ぬき(パスファインダパネル)
・直線をひいて、その直線で分割(パスファインダパネル)

次に、回転ツールを利用して、お花を2パターン描きました。
こちらは、回転ツールを利用して、ダイアログボックスを表示させて、角度を数値で入力できるやりかたです。このとき「コピー」のボタンがあるので、必ずこちらをクリックしてくださいね。
コピーにしないと、元の画像がなくなってしまうので、気を付けてください。
この回転は、ダブルクリックすると、そのオブジェクトの中央を基準に回転します。
回転したい位置を指定する場合は、回転ツールを選択した状態でオプションキーを押しながらクリックしてください。WIndowsの場合は、altキーです。
お花の花びらの部分と中央の花粉の部分は別のオブジェクトなので、グループ化しておいた方が移動や削除が楽になります。
ただし、グループ化した図形の一部分だけ選択するのには、グループ選択ツール(白やじるしに+のマーク)が便利です。
今日は、前回練習した選択ツール(黒やじるし)をグループ選択ツール、ダイレクト選択ツール
(白やじるし)の違いも、しっかり理解しておいてください。
ダイレクト選択ツールは、名前のとおりパスやポイントをダイレクトに選択するためのツールです。

最後に、レイヤーについて説明をしました。
レイヤー2を作成し、こちらに図形を移動するやり方や、レイヤーの表示/非表示を切り替えるやり方、レイヤーにロックをかけるやり方を練習しました。
レイヤーは、最後に少し駆け足で説明したので、次回もういちど復習をやりましょう!
新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は、ポインセチアのパーツを作るということで、少し細かい作業が続きました。 まず、花びら(本当は葉っぱなんですよね…)を作成しました。 基本となる図形を最初に作ります。楕円形を描き、先をとがらせるために方向線切り替えツールでポイントを切り替えます。 方向...

レッスンお疲れ様でした。 今日は、ご質問のあった 「写真データで不必要な部分を消す(レタッチ)」 「缶ビールのパッケージの展開図」 「細かい水玉模様のテクスチャの作成」 の3件のご説明をいたしました。 まず最初の「写真で不必要な部分を消す(レタッチ)」ですが、 以前練習し...

レッスンお疲れさまでした。 今日は、Photoshopで様々な写真の背景を削除する練習を行いました。 背景を削除するには、対象となる物を選択する必要があります。 Photoshopはピクセルという小さな粒の集合で画像を構成しているため、選択が難しいソフトです。 選択をするためのツー...

レッスンお疲れさまでした。 今日は、まず背景を透明にする方法を説明しました。 Photoshopで必要な部分のみを残す方法は、さまざまな方法がありますが、今回はロゴだったので、色の差が大きかったため、背景のみを選択して不必要な部分を削除しました。 この時、画像によっては最初から背...

レッスンおつかれさまでした。 今日は、パターンの練習を行いました。 背景として使用したい画像をIllustratorにとりこみ、スウォッチパレットにパターンとして登録する方法です。 まず最初に登録した画像をIllsutratorに取り込みましたが、画像の取り込み方には様々な方法が...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta