サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorデザイン教室 レッスンノート イラストレーター、フォトショップでのご質問解消

イラストレーター、フォトショップでのご質問解消

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン疲れ様でした。
今回はお仕事の流れからイラストレーター、フォトショップでのご質問を解消させていただきました。

①イラストレーターでのカラー塗り選択
「ダイレクト選択ツール」から、グループ化されたオブジェクトを1つ選択し、「選択」メニュー「共通」→「カラー(塗り)」をしますと、その選択したカラーが、まとめて選択できます。これは最後にお話だけでしたので、実際に試してみるといいかもしれませんね。

②「アートボード」を複数作成
1つ「アートボード」のもとを作成しましょう。そちらをoptionを押しながら複製していくことで、あとは写真を差し替えるだけで済むようになります。追ってデータを送りますが「アートボード 5まとめ」は、大きく作成したことで「アートボード」の中に「アートボード」といった組み合わせが出来るようになりますので、応用していきましょう。

③複数レイヤー
メインレイヤーは5つくらいにして、サブレイヤーにあるオブジェクトの移動などは、コピーしてから削除し、空打ちして選択を解除、移したいレイヤーを選択し直してから、Command+F(前面にペースト)しましょう。そうすることで同じ位置で違うレイヤーに移動できます。

④テキストの応用
「スレッドテキストオプション」は2つのボックステキストを選択してから「書式」メニューより選びますと繋がります。「ペンツールからの流し込み」は変形したオブジェクトを描いてテキストを流し込むことが出来ます。これは「図形にもテキストを挿入」することと同じ原理になりますので、楕円など「ペンツール」で描いたパスの中に流し込むことが出来ます。

⑤縦組みの時の横文字(12月など)でスペースを詰めたい時
これは12の2と月を選択して「文字」パレットの「トラッキング」をマイナス数値にしたことで詰まりました。

⑥フォトショップでの写真の解像度目安
手元で見るA3までの解像度は「300〜350」、A3以上からA2くらいまでのポスターには「150〜200」を目安としましょう。

大まかではありますが、ポイントを記載しましたので、参考になさってください。
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 イラストレーターが初めてとのことでしたので、 まずは、始めるときの準備のお話をしました。 それはイラストレーターのパレットを整えることになります。 上部メニューの「ウィンドウ」から呼び出せますので お話しました基本パレットの並びで整えていきま...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 Illustratorを触ったことがないとのお話でしたので 基本的な部分からお伝えしました。 簡単ですが、以下内容にて参考になさってください。 ①Illustratorは2ライセンスありますので 会社に1台、自宅に1台を割り振れます。...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 Illustratorを触ったことがないとのお話でしたので 基本をお伝えしました。 簡単ですが、以下内容にて参考になさってくださいね。 ①Illustratorの会員登録 今なら7日間無料キャンペーンをおこなってました。 https...

体験レッスンお疲れさまでした。 レッスンノートとして、本日お伝えしました内容を 簡単ですが記載しましたので、参考になさってください。 【仕事でパンフレットを編集するための準備とは】 イラストレーターが全く初めてとのことで、 まずはパレットの基本からお伝えしました。 ...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 レッスンノートとしてオンラインでお伝えしました内容を 簡単ですが記載しましたので、参考になさってください。 【イラストレーターでカタログを編集するためには】 イラストレーターが全く初めてとのことで基本からお伝えしました。 ①イラス...

レッスンノート ページ先頭へ