サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorデザイン教室 レッスンノート Illustratorで図面制作の疑問を解消

Illustratorで図面制作の疑問を解消

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした。

今回はご自身のお仕事で図面制作されている中での疑問点を解消させていただきました。

①袋文字を作成する
図面を制作する中で強調する文字を袋文字にしました。簡単な方法としてはショートカットで文字をコピー(Control+C)、それを「編集」メニュー「背面へペースト(Control+B)」し、線パレットの設定を「角丸(2箇所)」にしながら「太く」します。これは一連の流れでショートカットしていくと、あっというまに3段階の袋文字が出来ます。途中で編集したい時は「編集」メニューの「ロック(Control+2)」をかけながら、解除(Control+alt+2)しながら調整しましょう。

②下絵を配置してガイドライン
下絵を透明パレットの不透明度「30%」くらいに淡くしてロックします。ガイドラインは「表示」メニュー「定規(Control+R)」で上と左に出ますので、引っ張りますと下絵の上にガイドラインがひけます。「表示」メニューの「スマートガイド(Control+U)」をすると、表示がポイントポイントで出ますので「長方形ツール」で図面が描きやすくなります。拡大は「スペース+Control」、縮小は「スペース+Control+ait」のショートカットで行えますので、慣れますと大変便利です。

③図形を「リフレクトツール」で反転する
今回は2重の円を描いてからプラス(+)の付いた「ペンツール(アンカーポイントの追加)」で線上をクリックしてアンカーポイントを追加し、必要以外の部分を「ダイレクト選択ツール」で削除しました。まず「リフレクトツール」で起点をクリックし、「aitとShift」を押しながら反転したい部分でクリックしますと反転して複製されます。そのままでは繋がっていないので「ダイレクト選択ツール」で2点を選択し「オブジェクト」メニューの「パス」→「連結(Control+J)」で繋ぐことで1つのパーツになります。

④階段を作成する変形の繰り返し
階段用の線を1本ひいて選択、その時に「ait」を押しますと矢印が複製マークに変わるので、線をクリックして「Shift」を押しながら、引っ張ると複製されます。線を複製した後に、そのままの状態から「オブジェクト」メニュー「変形」→「変形の繰り返し(コントロール+D)」で、今回行ったような階段の線が出来ます。ただこれは最短の方法ですが、間違えたら「取り消し(Control+D)」で戻って、やり直して慣れるようにしてみるといいでしょう。更に「整列」で均等に整えましたね。


文章では長くなってしまいましたが、慣れると素早く作成できるようになりますので、参考になさってください。
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 イラストレーターが初めてとのことでしたので、 まずは、始めるときの準備のお話をしました。 それはイラストレーターのパレットを整えることになります。 上部メニューの「ウィンドウ」から呼び出せますので お話しました基本パレットの並びで整えていきま...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 Illustratorを触ったことがないとのお話でしたので 基本的な部分からお伝えしました。 簡単ですが、以下内容にて参考になさってください。 ①Illustratorは2ライセンスありますので 会社に1台、自宅に1台を割り振れます。...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 Illustratorを触ったことがないとのお話でしたので 基本をお伝えしました。 簡単ですが、以下内容にて参考になさってくださいね。 ①Illustratorの会員登録 今なら7日間無料キャンペーンをおこなってました。 https...

体験レッスンお疲れさまでした。 レッスンノートとして、本日お伝えしました内容を 簡単ですが記載しましたので、参考になさってください。 【仕事でパンフレットを編集するための準備とは】 イラストレーターが全く初めてとのことで、 まずはパレットの基本からお伝えしました。 ...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 レッスンノートとしてオンラインでお伝えしました内容を 簡単ですが記載しましたので、参考になさってください。 【イラストレーターでカタログを編集するためには】 イラストレーターが全く初めてとのことで基本からお伝えしました。 ①イラス...

レッスンノート ページ先頭へ