サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 埼玉 オオツカ・デザインスクール レッスンノート イラストレーターでテキストの変更を行う

イラストレーターでテキストの変更を行う

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

イラストレーターでテキストの変更を行うにはツールパネルの「T」を選択します。

「T」ツールはテキスト入力したり、ドラッグ選択してテキストを変更したり、書式(書体、文字の大きさ、行間など)を変更するためのツールです。

今回は特にお仕事で使用するために、テキストの変更、書式の変更について行いました。

まず、「T」ツールを使ってテキストの変更したい部分を選択します。選択ができたら、キーボードで文字入力します。これで完了です。

書式を変更したい場合は、文字パネルを出します。文字パネルはウィンドウ→書式→文字を選ぶと出てきます。

パネルが出ましたら、選択ツールで変更したいテキストを選びます。
選択後、文字パネルで、書体、文字サイズ、行間などを修正します。

体験レッスンでは、変更や修正についてだけ行いましたが、「T」や文字ツールには他にもできることがありますので、次回はもうすこしお話したいと思います。

また、写真をイラストレーターに取り込む方法も行いました。

写真を取り込むには、写真を用意してファイル→配置を選択すると写真を選択するためのパネルが開きますので、その中から、写真ファイルを選びます。その後、配置ボタンをクリックします。

イラストレーターファイルに戻ると、ファイル上に写真サムネールが現れるので、レイアウト付近をクリックすると画像が配置されます。
写真の編集、加工はPhotoshopソフトで行うことができます。
こちらのソフトについてもこのレッスンで学ぶことができます。

今回はそのほかにも、簡単なショートカットキーの使い方なども行いました。

イラストレーターはグラフィックデザインのためのプロ用のソフトです。
名刺、DM、カタログ、パンフレット、ポスター、マーク、ロゴタイプ、サイン、パッケージデザインなどのデザインを行うことができます。
使い方を覚えれば、オリジナルなデザインを作ることができますので、是非スキルを習得して仕事に活かして頂ければと思います。

今後とも、よろしくお願い致します。
このレッスンノートを書いたコーチ

美術館の広告をはじめ、実務20年。大学でユニバーサルデザインの授業も

新着レッスンノート

本日は体験レッスン、お疲れさまでした。 今日は、イラストレーターの基本的な使い方について行いました。 会社にイラストレーターソフトがあり、これからお仕事で使用するとのことでしたので、今後は、お仕事でソフトを使いながら、スキルアップしてゆくのが、ベストな方法だと思います。 そして、ソフトを...

本日は体験レッスンお疲れさまででした。 体験レッスンでは、チラシデザインに必要なツールとして、イラストレーターとフォトショップの内容についてお話ししました。 イラストレーターはチラシのデザインを行う時に使い、デザインの中に写真が含まれる時にはフォトショップは必要となります。 イラストレー...

本日は体験レッスン、お疲れさまでした。 今日は、イラストレーターとフォトショップの概要とその違いについて説明し、具体的にソフトを起動し、その内容を説明しました。 イラストレーターは書籍以外のグラフィックデザインで使われるソフトです。ポスター、ロゴ、キャラクターデザイン、チラシ、DM、パッケ...

本日は体験レッスン、お疲れさまでした。 今日は、イラストレーターソフトとフォトショップの製作上の違いについて説明しました。 イラストを作成する上でどちらのソフトが有効かという事も含め説明しました。 イラストを作成しているプロの多くが使うのは、フォトショップソフトを使うことが多いと思います...

本日はレッスンお疲れさまでした。 今日から本格的なレッスンに入りました。 サイタのパンフレットを作りながら、イラストレーターの主要なツールを憶えつつ、デザインの方法なども身につけて頂きたく始めました。 今回は三つ折りパンフレットの扉部分のデザインを行いました。 新規レイヤーを作り、その...

レッスンノート ページ先頭へ