サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorの教室 レッスンノート Illustrator基礎レッスン

Illustrator基礎レッスン

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンおつかれさまでした。

パスの基本となるしくみについてレッスンしていきました。
ペンツールの使い方ですね。
点を繋げて線を作っていきます。
なので、筆跡を利用しないということをまずは理解しましょう。

直線はクリックを繰り返して書いていきます。
曲線はドラッグを利用します。

ドラッグした時に出てくる線のことをハンドルと呼びます。
ハンドルの長さと向きがカーブの大きやさ向きをコントロールしています。

どの方向にどれくらい伸ばせばカーブがどのような形になるのかを把握できるとスムーズにカーブを描けるようになります。

まずは、丸や楕円、波線などを描く練習をするとよいと思います。
新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした。 Illustratorを用いたイラストはさまざまな表現が可能です。 グラデーションを有効に利用すると、フラットな色面で構成されたイラストが作成できます。 グラデーションの方向、種類、色味などを組み合わせてみましょう。 ある一定のルールを設定しながら...

レッスンおつかれさまでした。 作成してきていただいたデザイン案を元に一つ一つ改良できる部分についてチェックしていきました。 デザインとしての良し悪しの前に、伝えるべき内容がきちんと十順序正しく伝わっているのかをまず確認しましょう。 そのためには事前にしっかりと情報を整理する必要が...

レッスンおつかれさまでした。 Illustratorの復習から行っていきました。 パスの性質については少しずつ理解できているように思います。 ハンドルの扱いや、アンカーポイントの違いなどはもう大丈夫そうですね。 今回は、パスに加え、レイヤーパネル、アピアランスパネルについて...

レッスンおつかれさまでした。 Illustratorでの文字の扱い、文字の加工方法についてレッスンしていきました。 加工についてはアピアランスによって効果を追加していく方法がスムーズです。 枠線を追加する方法も、線ではなく塗りを追加して、オフセットさせる方法が便利です。 アピア...

レッスンおつかれさまでした。 Photoshopでの補正についてレッスンしました。 部分的に明るさを変更するには、調整レイヤーを利用するとよいです。 選択範囲を作成後に、色調補正用の調整レイヤーを追加します。 色調補正設定と採用範囲を後から調整できます。 属性パネルを利用...

レッスンノート ページ先頭へ