サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 愛知 IllustratorスクールNORI レッスンノート 体験レッスンお疲れ様でした。

体験レッスンお疲れ様でした。

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日は体験レッスンお疲れ様でした。
色々とヒアリングをさせて頂きましたが、ご希望されている内容でしたら
反復練習を重ねていけばすぐに習得できる内容だと感じました。

さて体験レッスンのおさらいですが
【カラーモード】
・CMYK・・・・・プリントアウトすることを目的にしている場合に設定します。(色を足していくと黒くなります)
・RGB・・・・・・・webやスマホゲームのように、ディスプレイ上でのみ表示するときはRGBに設定します。

【解像度】
72・・・・・・・・・・web上で表現できる最高の数値。最近はレティーナなど解像度が飛躍的高くなったディスプレイも販売されていますが、世界的なルールとして、まだまだ「72」あれば問題なしと認識されています。

150・・・・・・・・・シンプルなイラストや、町内のモノクロのビラなどをプリントアウトする時はこの数値くらいで設定しないとぼやけて読めなくなります。

350~(400)・・・・フルカラーイラスト(特に写真など)をプリントアウトする時にはこれくらいの数値で設定しないと、グラデーションやぼかし効果がうまく反映できなくなります。
【主に使用したツール】
・選択ツール(上記のような作成した線(パス)などを選択する事が出来る)
 ※選択する際、→が両矢印になると変形します。更に丸みを帯びた両矢印になると回転させることが出来ます。
・テキストツール
 テキストを入力する時に使用しました。
【主に使用したショートカットキー】
スペースバー・・・・押している間手のひらツールに変わるので画面を移動させる事が出来ます。
スペースバー+commandキー・・・・クリックした場所を中心に画面を拡大表示します。
スペースバー+commandキー+optionキー・・・・クリックした場所を中心に画面を縮小表示します。
Commnad + Z・・・・・・一つ前の作業に戻る
【裁ち落とし、ガイド線の作成】
・トリムマーク(トンボ)を作成し、塗足しの範囲を明確にします。基本的には作成したい用紙サイズの3mm外側

・レイアウトよく文字を配置するには、作成したい用紙サイズの5mm内側にガイド線を作成します。


・パスのオフセット:オブジェクト-パス-パスのオフセットから開くウインドウから、正の数字を入力すると外側に、負の数を入力すると内側にオブジェクトが作成されました。

・ガイド:作成した長方形を選択した状態で、「表示」ー「ガイド」ー「ガイドを作成」をクリックしガイド線に変更しました。
【キーボード操作での複製】
Altキーを押しながら移動させマウスのクリックを離すと複製する事が出来ました。


【色の設定方法としては】
カラーボックスをクリック(ダブルクリック)し、カラーピッカーを開き
真ん中の虹色部分で「大まかな色」を決め、左のカラーエリアから好みの彩度、明度の色を選択し反映させました。

ご不明な点などございましたらまた連絡くださいませ。
どうぞ宜しくお願いいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

老若男女に指導経験あり!参考書だけでは掴めない「コツ」をあなたに

新着レッスンノート

大変遅くなりました。 レッスンノートを送らせて頂きます。 若干長めになっておりますが、私の説明が解りにくい箇所がございましたら、また連絡をください。 作成時に使用したショートカットキー(一部) スペースバー・・・・押している間手のひらツールに変わるので画面を移動させる事が出...

お疲れ様です。 大変遅くなりましたが、レッスンノートを送らせて頂きます。 「リフレクトツール」と「パスのオフセット」が重要ポイントでしたね。 【リフレクトツール】 対象となる「パス」や「オブジェクト」などを選択した状態で、リフレクトツールを選び「option」キーを押しながら任意の...

このたびはご入会誠にありがとうございました。 元、経験者ということもありおさらいを兼ねた体験授業になれたかと思います。 目標もハッキリされているので、思われているよりはずっと早くスキル修得が望めると思います! 先日の体験レッスンのおさらいでございます。 【主に使用したツ...

大変遅くなりました。 レッスンノートを送らせて頂きます。 若干長めになっておりますが、私の説明が解りにくい箇所がございましたら、また連絡をください。 今回使用したIllustratorの機能は ・選択ツール(上記のような作成した線(パス)などを選択する事が出来る)  ※選...

本日はお疲れさまでした。 前回に引き続き、整列パレットの使い方がメイン作業でした。 キーオブジェクトや垂直方向中央、水平方向中央に整列させる流れを改て確認させて頂きました。 不明な点があればいつでもご連絡下さいませ。 お願い致します。

レッスンノート ページ先頭へ