サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 大阪 やさしいIllustrator教室 レッスンノート Webと印刷のカラーモードの違い

Webと印刷のカラーモードの違い

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

かなり前のバージョンを触った経験があり、久しぶりすぎてわからないとのことで、1つ1つ基本をおさらいし、文字入力と文字ツールの使い方、アピアランスについてご説明しました。

【基本設定】
環境設定でさまざまな設定を変更することができます。特に、単位は作りたいものに合った設定にしましょう。また、ワークスペースを最適なものを選択し慣れてきたら、自分用にカスタマイズしていきましょう。

【カラーモード】
ざっくりですがCMYK=印刷、RGB=Webという理解でいいと思います。
CMYKと、RGBでは再現できる色の領域が違うため、Illustrator上ではわからなくても実際に印刷したり、Web上であげるとまったく違う色になってしまうので注意が必要です。

【文字パネル】
文字では文字の種類、大きさ、太さの他によく使う項目として、カーニング、トラッキング、文字詰めがあります。文字と文字の間隔の調整のために使用します。

【アピアランス】
文字に様々な装飾をつけることはできます。
今日行なったのは、文字の縁取りです。重なり順に気をつけましょう。

【本日のまとめ】
何度か重ねて受講していただくことで、カンも戻って来ると思いますし、理解も早いので基礎をざっと行なって、あとは応用で充分大丈夫だと思います。
ツールの使い方を長く行うよりはより実践的なものを作って行った方が学習も早いと思います。
もちろん基本的なことはお伝えしていきますので、ご安心くださいね。
お渡しした資料を復習の材料として活用してください。
ありがとうございました。

レッスンノート ページ先頭へ