サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorデザイン教室 レッスンノート イラストレーター機能での各種ご質問について

イラストレーター機能での各種ご質問について

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はレッスンお疲れさまでした。
今回はイラストレーター機能での各種ご質問についてお話ししました。
ポイントとして記載しましたのでご覧ください。

ーーー
①毎回使用するフォントを簡単に選びたい
→イラストレーターの画面で毎回使用するフォント一覧を予め作っておきます。例えば5種類のフォントを配置しておいてから、使いたい時にその画面へコピペして、変更したいテキストを選択し「スポイトツール」でフォント一覧をクリックしますと変更したいテキストが変わりますので試してみてください。ただフォントの大きさも適用されてしまいますので、予め大きさを決めておいてもいいでしょう。

②フォントに影をつける(2種)
→1「効果」メニューの「スタイライズ」→「光彩(外側)」で文字の外側に。
→2「効果」メニューの「スタイライズ」→「ドロップシャドウ」で文字の斜め下に。
描画モードは「乗算」「通常」から選んでください。
※「効果」メニューは「アピアランス」パレットから編集ができます。

③四角の角を丸くする(2種)
→1「角丸長方形ツール」で画面をクリックして「角丸の半径」の数値を選んで反映。
→2「効果」メニューの「スタイライズ」→「角を丸くする」で数値を選んで反映。
 ②同様に「効果」メニューの「角を丸くする」は「アピアランス」パレットから編集ができます。

④吹き出しを作成する
→「ペンツール」でクリックしながら三角を作成し、角丸の長方形と組み合わせます。「ウィンドウ」メニューの「パスファインダー」パレットから、左上「合体」をクリックしますと吹き出しが完成です。「合体」させますと編集できませんのでオリジナルは複製しておいてください。

⑤写真をマスクする
→写真の上に丸を置きました。両方を選択して「オブジェクト」メニューの「クリッピングマスク」→「作成」で写真がマスクされました。矢印に「+」のついた「グループ選択ツール」で写真の位置を移動できます。

⑥ラフな感じの枠を作成
→「長方形ツール」で四角を描き「効果」メニューの「パスの変形」→「ラフ」で、数値を変更しますと、ランダムな線の枠が出来上がります。

大まかですが、復習用に活用されてくださいね。
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 イラストレーターが初めてとのことでしたので、 まずは、始めるときの準備のお話をしました。 それはイラストレーターのパレットを整えることになります。 上部メニューの「ウィンドウ」から呼び出せますので お話しました基本パレットの並びで整えていきま...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 Illustratorを触ったことがないとのお話でしたので 基本的な部分からお伝えしました。 簡単ですが、以下内容にて参考になさってください。 ①Illustratorは2ライセンスありますので 会社に1台、自宅に1台を割り振れます。...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 Illustratorを触ったことがないとのお話でしたので 基本をお伝えしました。 簡単ですが、以下内容にて参考になさってくださいね。 ①Illustratorの会員登録 今なら7日間無料キャンペーンをおこなってました。 https...

体験レッスンお疲れさまでした。 レッスンノートとして、本日お伝えしました内容を 簡単ですが記載しましたので、参考になさってください。 【仕事でパンフレットを編集するための準備とは】 イラストレーターが全く初めてとのことで、 まずはパレットの基本からお伝えしました。 ...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 レッスンノートとしてオンラインでお伝えしました内容を 簡単ですが記載しましたので、参考になさってください。 【イラストレーターでカタログを編集するためには】 イラストレーターが全く初めてとのことで基本からお伝えしました。 ①イラス...

レッスンノート ページ先頭へ