サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorの教室 レッスンノート デザインをどう学ぶか

デザインをどう学ぶか

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

Illustratorを使いながら、デザインをどのように学習していくかについてレッスンしていきました。

とにかく世の中のデザインを観察、分析しましょう。
どのような意図を持って構成されているのかを考えながら見てみましょう。

ただ見るだけでなく実際に自分で作成してみると、より様々な意図を発見できると思います。

分析し、自分のものにしましょう。
そうして引き出しをたくさん持っておくとアイデアに困りません。

デザインやレイアウトの基礎知識は学習すれば身につきますが、コンセプトを形にするアイデアやイメージの力は一朝一夕では身につきません。
コツコツと手を動かし、目を動かし、頭を動かしながら感性を磨いていきましょう。
新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした。 名刺のデザイン、入稿データ作成についてレッスンしていきました。 入稿用データの規定は印刷会社によってさまざまなので、よく照らし合わせながら準備しましょう。 ・カラーモード ・解像度 ・文字のアウトライン ・塗り足し この辺りはどの印刷会社...

体験レッスンおつかれさまでした! Illustratorを実際に操作しながら、レイアウト操作の基本などについてレッスンしていきました。 Photoshopとインターフェースは似ているのですが、レイヤーパネルなど内容が異なる機能もあるので、二つのソフトの違いを理解しながら操作していけると...

体験レッスンおつかれさまでした! Illustratorの基本について、ソフトの仕組みなどの部分からレッスンしていきました。 基本構造が理解できていると今後の応用についてもスムーズに進められると思います。 選択ツールの使い方、オブジェクトとパスの関係、レイヤーパネルの使い方などを...

レッスンおつかれさまでした。 Photoshopでの切り抜きについてレッスンしていきました。 マスクを利用しますが、 レイヤーマスク ベクトルマスク この2種類を内容によって使い分けできるとよいですね。 直線的な対象や滑らかな曲線を必要とする場合はベクトルマスクが向...

体験レッスンおつかれさまでした! Illustratorについて実際に操作してもらいながら、メニューなどのデータを作成していただきました。 レイヤーパネルを展開しておくと、作成しているデータを一覧できるので分かりやすくなりますね。 まずはメニューとツールとパネルをしっかり使い分け...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta