サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorの教室 レッスンノート デザインをどう学ぶか

デザインをどう学ぶか

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

Illustratorを使いながら、デザインをどのように学習していくかについてレッスンしていきました。

とにかく世の中のデザインを観察、分析しましょう。
どのような意図を持って構成されているのかを考えながら見てみましょう。

ただ見るだけでなく実際に自分で作成してみると、より様々な意図を発見できると思います。

分析し、自分のものにしましょう。
そうして引き出しをたくさん持っておくとアイデアに困りません。

デザインやレイアウトの基礎知識は学習すれば身につきますが、コンセプトを形にするアイデアやイメージの力は一朝一夕では身につきません。
コツコツと手を動かし、目を動かし、頭を動かしながら感性を磨いていきましょう。
新着レッスンノート

体験レッスンおつかれさまでした! Illustratorの操作について、基本となる部分を中心にレッスンしていきました。 選択ツール、レイヤーパネル、変形パネルなどこのあたりがきちんと使えるとだいぶスムーズになると思います。 オブジェクトの重なりを理解できれば、部分的な編集なども容...

レッスンおつかれさまでした。 ペンツールを利用したマスク(ベクトルマスク)について説明していきました。 ハンドルを使うと曲線の大きさや方向を操作できます。 ハンドルの長さと向きがカーブを作ります。 法則を理解できると、自由に曲線を作成できるようになります。 Photoshop...

体験レッスンおつかれさまでした! 3D効果を使って立体的なイラストの作成などレッスンしていきました。 影の設定や基本となる形の設定は3D効果の段階で行います。 一度アピアランスを分割してから、パペットワープや自由変形ツールなどを利用して形を動かしていきましょう。 一つ一つの...

レッスンおつかれさまでした。 IllustratorとPhotoshop両方についてみていきました。 ペンツールが使えるとどちらでも応用でき、効率よく作業を進めることが可能です。 カーブの作り方に癖があるので、ある程度練習も必要とは思います。 図形を並べて全体を構築していくなか...

レッスンおつかれさまでした。 いくつかの作品例などを見ながら、魅力的な絵や構図の作成方法についてレッスンしていきました。 構成要素の内容とその種類、量、配置など注意点は多く考えられます。 グラデーションのつけ方も重要です。 色の変化、変化するタイミング、起点となる色の設定などを...

レッスンノート ページ先頭へ