サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorの教室 レッスンノート Illustratorの基本+応用方法

Illustratorの基本+応用方法

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

Illustratorについて、基本操作を中心にレッスンしていきました。
データを編集する場合はまずレイヤーパネルをチェックしましょう。

レイヤーを展開するとオブジェクトの重なりが見えます。
グループ化されている場合もありますので、グループも展開して内容を確認しましょう。

選択ツールで選択できれば移動や色の変更ができます。
ダイレクト選択ツールであればパスを選択し、形も変更できます。

オブジェクトには塗りと線があり、それぞれに色をつけていきます。
オブジェクトはパスによって成り立っており、パスを1から作成できるのがペンツールです。

オブジェクトにはさまざまな効果を追加することができます。
アピアランスパネルを使って塗りを重ねたり線を重ねたりしながら、オブジェクトにグラフィカルな表現を加えていくことで、ロゴマークや特徴的なビジュアルを作成します。

基本操作、基本概念がわかればあとは応用です。
繰り返し使っていきながら学習を深めていきましょう!
新着レッスンノート

体験レッスンおつかれさまでした! Illustratorの操作について、基本となる部分を中心にレッスンしていきました。 選択ツール、レイヤーパネル、変形パネルなどこのあたりがきちんと使えるとだいぶスムーズになると思います。 オブジェクトの重なりを理解できれば、部分的な編集なども容...

レッスンおつかれさまでした。 ペンツールを利用したマスク(ベクトルマスク)について説明していきました。 ハンドルを使うと曲線の大きさや方向を操作できます。 ハンドルの長さと向きがカーブを作ります。 法則を理解できると、自由に曲線を作成できるようになります。 Photoshop...

体験レッスンおつかれさまでした! 3D効果を使って立体的なイラストの作成などレッスンしていきました。 影の設定や基本となる形の設定は3D効果の段階で行います。 一度アピアランスを分割してから、パペットワープや自由変形ツールなどを利用して形を動かしていきましょう。 一つ一つの...

レッスンおつかれさまでした。 IllustratorとPhotoshop両方についてみていきました。 ペンツールが使えるとどちらでも応用でき、効率よく作業を進めることが可能です。 カーブの作り方に癖があるので、ある程度練習も必要とは思います。 図形を並べて全体を構築していくなか...

レッスンおつかれさまでした。 いくつかの作品例などを見ながら、魅力的な絵や構図の作成方法についてレッスンしていきました。 構成要素の内容とその種類、量、配置など注意点は多く考えられます。 グラデーションのつけ方も重要です。 色の変化、変化するタイミング、起点となる色の設定などを...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta