サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorの教室 レッスンノート 入稿データ作成について

入稿データ作成について

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンおつかれさまでした。

IllustratorとPhotoshopを使いながら広告2種を作っていきました。
レイアウトをしていく時はまず必要な内容を整理します。
その後、情報に優先順位をつけていきます。
その優先順位に沿って、文字の色や大きさを設定していきます。

それぞれの情報が邪魔をしないように、余白などに気をつけながら並べていきましょう。
色や書体はたくさん使いすぎないようにします。
過度な演出は読みにくくなる原因となります。

入稿データを作成するときは、

・カラーモードをCMYKに
・画像の埋め込み
・文字のアウトライン化

に特に気をつけてくださいね。
トンボ(トリムマーク)はオブジェクトメニューから設定できます。


レイヤーパネルを整理しながらデータを把握できるように作業を進められるとよいですね。
作っているとどんどんオブジェクトが増えていくのでなるべくこまめにグループ化したりしながら作業していきましょう。
新着レッスンノート

体験レッスンおつかれさまでした! Illustratorでの入稿用データ作成についてレッスンしていきました。 基本用語、基本操作さえ理解できていればそこまで難しい作業ではありませんが、 そこが分からないと難解な作業と感じられるかもしれません。 今回は ・アートボードの設定...

レッスンおつかれさまでした。 基本操作のおさらい、変形ツール、整列ツールの使い方のおさらいを行いました。 手順を1つずつに分解して考えましょう。あくまでも1つずつしか作業できないのがIllustratorです。 Photoshopも同様ですね。 また、アプローチは多様です。 ...

レッスンおつかれさまでした。 まずは文字の入力と編集についてレッスンしました。 ポイント入力とエリア内文字入力の違いを理解しましょう。 文字ツールは文字パネルとセットで使います。 書体、字間、行間を調整しながら読みやすい文字組を検討していきます。 簡単な図を作成しました。 ...

レッスンおつかれさまでした。 Illustratorでの線の描画についてじっくりとレッスンしていきました。 パスの仕組み、アンカーポイントの役割なども改めて説明できたと思います。 Illustratorが形をどのように表しているのかを理解できれば、編集も自在に行えます。 引き続...

レッスンおつかれさまでした。 Illustratorの基本操作を説明しつつ、オブジェクトの扱いについてもレッスンしていきました。 選択ツールとoptionキー、shiftキーとの組み合わせによって様々な動作を指定できます。 キーを押すタイミングが重要です。 オブジェクトについて...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta