サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorデザイン教室 レッスンノート IllustratorでPOPを作成する初期操作について

IllustratorでPOPを作成する初期操作について

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

初回はIllustratorについて、今後はPOPを作成していきたいとのことで、まずはちょっとした初期操作をお話させていただきました。

①フォントについての基本操作
左側にあるツールの「T」を選択して、画面上でクリックして文字を打ちます。終わったら左側にある「ツール」の黒い矢印「↑(選択ツール)」に持ち替えますと打った文字の周りに四角い枠が現れます。それを触って拡大縮小が出来ます。「Shift」を押しながら拡大縮小を行いますと均等に大きさが変えられます。上にあるメニュー「ウィンドウ」の中の「書式」→「文字」を選びますと文字を扱う「パレット」が現れます。この「パレット」でいろいろ触りますと「文字」の変更が可能になります。左側にある「ツール」の四角い矢印のついたアイコン「拡大縮小ツール」部分を長押ししますと「シアーツール」がありますが、これはフォントの一部分をクリックして「Shift」を押しながら引っ張りますと自由に斜体がかけられます。更に上にあるメニュー「ウィンドウ」の中の「効果」→「スタイライズ」→「ドロップシャドウ」でフォントに影がつけられます。上記がPOPを作成する上でのフォントの基本操作になりますので、いろいろ試してみてくださいね。

②図形を描く
左側にある「ツール」の四角いアイコン「長方形ツール」部分を長押ししますと円や角丸、星まで多彩な図形が描けます。これも「Shift」を押しながら引っ張りますと均等な図形が仕上がります。もっと自由に描くのは左側にある「ツール」の「ペンツール」になります。これは基本動作を行いましたが今後レッスンの中で詳しく練習していきましょう。

③写真を下絵として配置する
スマホなどで撮った画像をパソコンに転送して、Illustratorの上にあるメニュー「ファイル」から「配置」を選びます。もしくは画像をIllustratorの画面にドラッグ&ドロップしてください。すると画像が配置され、「レイヤー」をダブルクリックしますと「画像の表示濃度」が出ますので30〜50%くらいにしますと、画像が淡くなります。淡くなった画像を下絵として、②の「ペンツール」などで自由に描いていくことが可能になります。


今回は時間的にここまででしたが、次にはカラーでの着色を行いますとPOP作成の基本が揃います。上記の①〜③も更に便利な機能がたくさんありますので、次回以降にお伝えして参ります。

とても熱心で大変教え甲斐がありました!
今後もたくさん吸収していっていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 イラストレーターが初めてとのことでしたので、 まずは、始めるときの準備のお話をしました。 それはイラストレーターのパレットを整えることになります。 上部メニューの「ウィンドウ」から呼び出せますので お話しました基本パレットの並びで整えていきま...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 Illustratorを触ったことがないとのお話でしたので 基本的な部分からお伝えしました。 簡単ですが、以下内容にて参考になさってください。 ①Illustratorは2ライセンスありますので 会社に1台、自宅に1台を割り振れます。...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 Illustratorを触ったことがないとのお話でしたので 基本をお伝えしました。 簡単ですが、以下内容にて参考になさってくださいね。 ①Illustratorの会員登録 今なら7日間無料キャンペーンをおこなってました。 https...

体験レッスンお疲れさまでした。 レッスンノートとして、本日お伝えしました内容を 簡単ですが記載しましたので、参考になさってください。 【仕事でパンフレットを編集するための準備とは】 イラストレーターが全く初めてとのことで、 まずはパレットの基本からお伝えしました。 ...

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 レッスンノートとしてオンラインでお伝えしました内容を 簡単ですが記載しましたので、参考になさってください。 【イラストレーターでカタログを編集するためには】 イラストレーターが全く初めてとのことで基本からお伝えしました。 ①イラス...

レッスンノート ページ先頭へ