サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 埼玉 オオツカ・デザインスクール レッスンノート 別名で保存する方法

別名で保存する方法

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスン、お疲れさまでした。
お仕事で、チラシなどのデザインをイラストレーターで行っているとのことでしたので、基本的な操作やイラストレーターでどんなものができるかなどは理解していると思いますので、これまでのお仕事で使っていた、イラストレーターの機能以外にどのような機能があるかなど、今後レッスンで説明できれば良いかと思いました。また、同時に写真を加工・編集するフォトショップの使い方も習得されると、チラシに使われる写真にも活かせるので良いのかなと思いました。
今回のレッスンでは「別名で保存する」内容について行いました。
別名で保存する内容にはいくつかの意味があります。
一つは、イラストレーターの保存形式を下位バージョンに変更したいとき、もうひとつは保存形式をPDFやEPS形式変更したいとき、もう一つははファイル名を変えて、前のファイルを残しておきたい時などです。
今回は、特に保存形式をPDF変換して保存する内容について説明しました。
PDF形式に保存は基本的にはイラストレーターデータでなくても、印刷用データとしてもPDF形式で入稿することができます。PDFプリセットで形式を変えますが、PDF/X1a2001形式以上であれば、印刷用としてデータを送っても大丈夫です。また、社内の校正用としてデータを軽くしてメールに添付したり、又はWEB用として使用する場合は、プリセットを最小ファイルサイズにしてWeb表示用に最適化にチェックをして保存します。
以上が体験レッスンの内容でした。

他にも、イラストレーターには、いろいろと登録機能が用意されています。
一度設定した、書体の登録や、デザインで使用したフォルター設定の登録、よく使う色パレットの登録など
登録しておくことで、何度でも呼び出して使えますし、同じ作業を一から行う必要がないので、作業を効率的に行うことができます。
次回は、このようなイラストレーターの便利機能について行いましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

美術館の広告をはじめ、実務20年。大学でユニバーサルデザインの授業も

新着レッスンノート

本日は体験レッスン、お疲れさまでした。 今日は、イラストレーターの基本的な使い方について行いました。 会社にイラストレーターソフトがあり、これからお仕事で使用するとのことでしたので、今後は、お仕事でソフトを使いながら、スキルアップしてゆくのが、ベストな方法だと思います。 そして、ソフトを...

本日は体験レッスンお疲れさまででした。 体験レッスンでは、チラシデザインに必要なツールとして、イラストレーターとフォトショップの内容についてお話ししました。 イラストレーターはチラシのデザインを行う時に使い、デザインの中に写真が含まれる時にはフォトショップは必要となります。 イラストレー...

本日は体験レッスン、お疲れさまでした。 今日は、イラストレーターとフォトショップの概要とその違いについて説明し、具体的にソフトを起動し、その内容を説明しました。 イラストレーターは書籍以外のグラフィックデザインで使われるソフトです。ポスター、ロゴ、キャラクターデザイン、チラシ、DM、パッケ...

本日は体験レッスン、お疲れさまでした。 今日は、イラストレーターソフトとフォトショップの製作上の違いについて説明しました。 イラストを作成する上でどちらのソフトが有効かという事も含め説明しました。 イラストを作成しているプロの多くが使うのは、フォトショップソフトを使うことが多いと思います...

本日はレッスンお疲れさまでした。 今日から本格的なレッスンに入りました。 サイタのパンフレットを作りながら、イラストレーターの主要なツールを憶えつつ、デザインの方法なども身につけて頂きたく始めました。 今回は三つ折りパンフレットの扉部分のデザインを行いました。 新規レイヤーを作り、その...

レッスンノート ページ先頭へ