サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 愛知 IllustratorスクールNORI レッスンノート 基本操作の確認

基本操作の確認

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日はお疲れ様でした。
遅くなりましたが前回のレッスンノートを送らせて頂きます。

llustratorの基本操作知識のおさらい
・選択ツール(黒い矢印)で選択した状態でないと塗りや線の色は指定しても反映はされません。
・選択していない状態でポインターをアンカーポイントに近づけると、矢印の右下に白い□が表示されます。その状態で別のオブジェクトのアンカーポイントまで移動させた時、アンカーポイント同士が重なると、黒い矢印が白い矢印(矢尻?)に変わります。
・Shiftキーを押しながらオブジェクトを拡大・縮小させると(真っすぐな両矢印が表示されている場合)縦横比を守って変形します。

作成時に使用したショートカットキー(一部)
Ctrl+Z・・・一つ前の作業に戻ります。
Ctrl+D・・・一つ前の動作を繰り返す。
スペースバー+Ctrlキー・・・・クリックした場所を中心に画面を拡大表示します。
スペースバー+Ctrlキー+Altキー・・・・クリックした場所を中心に画面を縮小表示します。(指がつりそうになります)

表の制作手順ですが、まず
1、長方形ツールで画面をクリックし数値入力で任意の大きさの長方形を作成しました。
2、「オブジェクト」ー「変形」ー「移動」の順で、水平方向に(長方形の横の大きさ分)mm、垂直方向0で入力し「コピー」で決定しました。複製・移動が確認できましたらCtrl+Dで操作を繰り返しました。

3、作成した一列の長方形を全て選択し、再度、「オブジェクト」ー「変形」ー「移動」の順で、水平方向に0mm、垂直方向(長方形の高さ分)で入力し「コピー」で決定。複製・移動が確認できましたらCtrl+Dで操作を繰り返しました。


※数値入力が慣れないと思うように移動させれないと思いますが、原点が左上で右方向、下方向に目盛りが降られていますので右に移動、もしくは下に移動させたい時は「正の数」を、左方向や上方向に移動させたい時は「負の数」を入力しましょう!





【オブジェクトの複数選択】
Shiftキーを押しながらクリックすると複数選択する事が出来ます。ただしすでに選択されているものを再度クリックすると、選択は解除されます。

【整列時の軸を決める】
整列させたい2つのオブジェクトを選択する時、どちらかのオブジェクトをAltキーを押しながらクリックするとそのオブジェクトを軸として、もう片方のオブジェクトが整列されます。


抜けているものがありましたら宜しくお願いいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

老若男女に指導経験あり!参考書だけでは掴めない「コツ」をあなたに

新着レッスンノート

大変遅くなりました。 レッスンノートを送らせて頂きます。 若干長めになっておりますが、私の説明が解りにくい箇所がございましたら、また連絡をください。 作成時に使用したショートカットキー(一部) スペースバー・・・・押している間手のひらツールに変わるので画面を移動させる事が出...

お疲れ様です。 大変遅くなりましたが、レッスンノートを送らせて頂きます。 「リフレクトツール」と「パスのオフセット」が重要ポイントでしたね。 【リフレクトツール】 対象となる「パス」や「オブジェクト」などを選択した状態で、リフレクトツールを選び「option」キーを押しながら任意の...

このたびはご入会誠にありがとうございました。 元、経験者ということもありおさらいを兼ねた体験授業になれたかと思います。 目標もハッキリされているので、思われているよりはずっと早くスキル修得が望めると思います! 先日の体験レッスンのおさらいでございます。 【主に使用したツ...

大変遅くなりました。 レッスンノートを送らせて頂きます。 若干長めになっておりますが、私の説明が解りにくい箇所がございましたら、また連絡をください。 今回使用したIllustratorの機能は ・選択ツール(上記のような作成した線(パス)などを選択する事が出来る)  ※選...

本日はお疲れさまでした。 前回に引き続き、整列パレットの使い方がメイン作業でした。 キーオブジェクトや垂直方向中央、水平方向中央に整列させる流れを改て確認させて頂きました。 不明な点があればいつでもご連絡下さいませ。 お願い致します。

レッスンノート ページ先頭へ