サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 香川 まなぶデザインカフェ レッスンノート Illustratorの概要と簡単なツールの操作

Illustratorの概要と簡単なツールの操作

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は、レッスンお疲れ様でした。
短い時間ではありましたが、レッスンノートも含め少しでもお仕事に活用できるところがあれば幸いです。



 |Illustratorの配置
Illustratorの左側「ツールパネル」は、マウスが持つツールが表示されています。基本的に「選択ツール(黒矢印)」に戻ると作業しやすいです。

中央は、アートボード(実際に印刷あるいはweb上で表示する領域)を作成して実際にデザインデータを作成するスペースです。

右側にある各種パネルは、オブジェクト(長方形やテキストなどのモノ)に効果や整理をつけるためのパネルが表示されています。そこにない場合は、「ウインドウ」メニューから表示させます。



 |テキストの作成と変更
テキストを作成する場合は、ツールパネルから「文字ツール」を選択して、1クリックあるいはドラッグしてテキストエリアを作成してから入力します。
編集は、作成したテキストにマウスを置き、ダブルクリックするとそのテキストの中に入って編集可能になります。
一部を選択あるいは、テキストオブジェクトを選択ツールで選択した状態で、「文字パネル」でフォントやサイズ、字間、行間などを変更できます。



 |テキストのアウトライン
テキストデータをパスデータにアウトライン化するには、テキストを選択した状態で「書式」→「アウトラインの作成」で簡単にアウトライン化されます。ショートカットは「Ctrl+shift+O(英)」です。
テキストのtips=テキストデータよりもアウトライン化したテキストの方が印刷した際に太くなる傾向があります。(印刷機によって異なります)



 |移動と拡大縮小
オブジェクトを移動する時は、「選択ツール」でオブジェクトを選択してからドラッグ、あるいは、選択している状態で「Enterキー」で「移動ダイアログボックス」が開くので数値入力で移動します。その際、「Altキー」を押しながら移動すると移動先にオブジェクトがコピーされます。

拡大縮小する場合は、オブジェクトを選択した状態で八方のバウンディングボックスをドラッグします。その際にドラッグしている最中に「shiftキー」を押し続けると縦横の比率が固定し、「Altキー」を押し続けると拡大縮小する支点が中央になります。あるいは、「拡大縮小ツール」を選択して「Enterキー」を押すと「拡大縮小ダイアログボックス」が開くので数値入力で拡大縮小します。
cmやmmなどの長さを指定させる場合は、オブジェクトを選択した状態で上部に表示されるw***mm h***mmの部分あるいは「変形パネル」のwやhの部分を数値入力で指定します。


 |レイヤーパネル
レイヤーは、デザインデータを整理する時に使用します。
原則的に上にあるレイヤーが最前面に位置され、下部に行けば行くほど背面に位置されます。ですので、「背景」「建物」「キャッチコピー」のような要素があれば、一般的には「背景」が最下部のレイヤーに「キャッチコピー」が最上部のレイヤーに配置されます。
レイヤーパネル内で一部のレイヤーをロックしたり非表示にしたりして、作業する上で都合の良いように切り替えます。
このレッスンノートを書いたコーチ

大切なのは好奇心!印刷会社や広告代理店など、現場で培ったノウハウを伝授

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした◎ 今回は、既存の制作物の一部をIllustratorで制作する場合に必要になる機能をご紹介いたしました。 その一部をレッスンノートに記載したいと思います。 地図を描くには... 元となる地図をGoogleマップなどから「ファイル」→「配置...」を選択して、...

本日はお疲れ様でした。 パンフレットなどのデザイン制作には、 IllustratorやPhotoshopなどの道具と使い方、そしてディレクションが必要になりますが、パワーポイントなどで制作する事ができましたら、あとは、道具の使い方さえ分かればハードルはさほど高くありません。 印刷...

体験レッスンお疲れ様でした。 簡単ではありますが、本日の振り返りをさせていただきます。 ロゴや各種POP、フライヤー、看板といったものは、そのほとんどがIllustratorで作られていますので、ご自身で作られる場合は、持っていた方が良いかと思います。 画像編集については、Photo...

スクールお疲れ様でした。 久々のIllustratorという事で、簡単ではありますが、新規ドキュメントからアートボードについて、パターンの作り方、主に使用出来そうな各種ツールの紹介をご紹介させていただきました。 パターンにする事自体は、そんなに難しくはありません。ただ、パターンにする柄...

体験レッスンお疲れ様でした。 本日は、ネット環境が整っておらず十分な説明ができませんでした。 申し訳ありませんでした。 今回は初という事で、 IllustratorやPhotoshopを中心に導入の仕方や各種学習方法のメリットデメリットなどを 私感ではありますが、お伝えさせて...

レッスンノート ページ先頭へ