Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート カタログ制作の効率の良い進め方について

カタログ制作の効率の良い進め方について

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はお疲れ様でした。

カタログ制作の効率の良い進め方について、以下のようなスケジュールで①〜③までをお伝えしました。

①ページ構成
・カタログは基本4Pの構成になっているので、その倍数で決めていきます。
・Illustratorの新規ドキュメントで、アートボードの数から横列数、方向、裁ち落とし部分を決めることで、最初に効率よくページ数を割り振りました。アートボードの変更は途中からでも変更できます。

②カラーについて
・パレットを上手くかためることで、スムーズなカラー設定と、[特色]にすることで、まとめてカラー変更できること、線やグラデーション、透明機能などをお伝えしました。

③フォントの整え方
・カタログ制作の基本であるフォントの整え方は、まだまだバリエーションはありますが、これだけ知っているだけでも効率よく進められます。

以下の残りの部分は今後の課題となりますが、引き続き学ぶことで、基本的にはデザインから印刷まで一連の流れが出来上がりますので、ぜひ頑張って欲しいと思います。

④写真の配置
⑤アクセントについて
⑥PDF
⑦印刷方法

レッスンでもお伝えしましたが、カタログ制作を短期間で習得する為の、Illustratorを学んでいらっしゃいましたが、これが身につくとカタログ以外でもクリエイティブなことができるようになります。友人へのBirthday Cardやオリジナル年賀状、または自分の名刺制作なども!せっかくの学びの場なので楽しんでいけるといいですね。

とても熱心に聞いていらしたので、きっと習得も早いと思います。
次回のレッスンもお待ちしておりますね。
このレッスンノートを書いたコーチ

グラフィックに携わり20年!有名広告も多数手掛けたコーチとスピード習得

Illustratorデザイン教室
桜井晶 (Illustrator)

東京・新橋・品川・渋谷・新宿・高田馬場・有楽町・日本橋・銀座・青山一丁目・表参道・大...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta