Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート 【体験レッスン:Illustratorのご紹介など】

【体験レッスン:Illustratorのご紹介など】

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!
そして早速のご入会、誠にありがとうございます!
改めて今後ともよろしくお願いいたします!

レッスン後は、「レッスンノート」というこちらのレポートのようなものを送らせていただいています。
文字のみの情報でわかり辛くはありますが、レッスン後もぜひご参考になさってください!
(今回はこのレッスンノートが大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした)


さて、体験レッスンではIllustratorのご紹介や導入方法を中心にお話させていただきました。
実際にソフトに触れていただく時間を取ることが出来ず申し訳なかったです(;´∀`)

今回は、実際にお仕事先で作られているIllustratorのデータをお持ちいただき、それを見ながら色々とご説明させていただきました。
まずは、現在よく使われていらっしゃるOffice系ソフトとIllustratorの違いについてまとめていきたいと思います。


【WordやPowerPointとの違い】
Illustratorを学び始めるにあたってよくあるきっかけで「WordやPowerPointでは限界を感じて…;」というのがあります。
今回もそのようなお悩みがあったかと思います(笑)

WordやPowerPointでもある程度のチラシやポスターは作成できますし、凄い方は「本当にこれWordやPowerPointで作ったんですか!?」というような凄いものを作られます(笑)
が、やはりそこに至るまでの手間や面倒臭さ、ストレスを考えると、「やっぱIllustratorがいいかなぁ」と思っていただけると嬉しいです♪

Illustratorはやはり専門のソフトなので(厳密にはイラストを描くソフトなのですが 笑)、そのようなレイアウトは得意です。

・図形などを描きやすい
・細かい作業がやりやすい
・痒いところに手が届く融通の良さ
・印刷してもイメージと色が変わったりしない(100%変わらないわけではありません)
・複雑なレイアウトも思いのまま!

Office系のソフトと比較しただけでもざっとこれくらいの特徴があります。
もちろんその他にも

・描いた図形や文字が、どれだけ変形してもキレイなまま
・そのままのデータで印刷屋さんに出稿出来る

等、専門的な話も含めると更に沢山の特徴があります。

一方、デメリットとしては

・Illustratorだけでは複雑な写真の加工が出来ない

というようなこともありますが、
かなり難易度の高いレタッチや写真合成を求めているわけでなければ、Illustratorだけでも十分に写真を使った美しいレイアウトは可能です。


また、Illustratorでレイアウトをするにあたっての最大の恩恵は
「データをどれだけ拡大縮小や変形させても、画質が劣化しない」
というものがあります(写真画像は除く)。

これは「ベクター(ベクトル)形式」という方法をIllustratorが用いて、データを描画しているためです。
このお話は体験レッスンでは行わなかったのですが、今後のレッスンでじっくりご説明いたしますのでご安心くださいね♪


【Illustratorを使う上での難関】
体験レッスンのときもお話しましたが、一番難しい…というより、よく皆様が躓いてしまうところは「ペンツール」というツールの使い方に関してです。
なかなか他のソフトやツールでは見かけない、独特の使い方をするので、そこで難しいと感じてしまう方が多いのが正直なところです。

ただ、このペンツール、覚えてしまうとIllustratorには絶対かかせない最高のツールになります!(笑)
また、いずれロゴデザインやイラスト描画を行ったり、もしくはPhotoshopで複雑な画像加工を行うようになる際には必須のツールとなるでしょう。

しかし、必ず使えないといけないものではありません。
使い方のコツも、使わない逃げ道も(ある程度は 笑)お話するのでご安心くださいね(笑)


今回は以上です。
何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にメッセージください!
それでは次回のレッスンもよろしくお願いいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

実務15年の現役デザイナー。企業向け〜オタク系まで、全て相談に乗ります

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta