Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート 基本操作の確認など

基本操作の確認など

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日は体験レッスンお疲れさまでした。

東京の研修よりやっと戻ってこれました。
大変遅くなりましたが以下、今回説明させて頂いた内容です。
駆け足で確認させて頂いたIllustratorの機能は
・選択ツール(上記のような作成した線(パス)などを選択する事が出来る)
 ※選択する際、→が両矢印になると変形します。更に丸みを帯びた両矢印になると回転させることが出来ます。

・ダイレクト選択ツール(選択ツールとは異なり白い矢印のアイコンです。アンカーポイントだけを選択する事が出来ましたね)


・オブジェクトー変形ー移動(開いたウインドウで数値入力をする事で正確に移動(変形)させる事が出来ます→レッスンでは市松模様を作成しましたね)

・オブジェクトーエンベロープー前面オブジェクトで作成(上記で作成した市松模様を円形のオブジェクト内に反映する事が出来ました)

ガイド:先ほど作成した長方形を選択した状態で、「表示」ー「ガイド」ー「ガイドを作成」をクリックしガイド線に変更しました。

整列ウインドウ:ウインドウの右上のメニューから「選択範囲に整列」ではなく「アートボードに選択」になっているのを確認し、垂直方向中央と水平方向中央に整列をかけました。

ドット柄の制作手順ですが、まず
1、楕円形ツールで画面をクリックし数値入力で10mmの正円を作成しました。
2、「オブジェクト」ー「変形」ー「移動」の順で、水平方向に25mm、垂直方向0で入力し「コピー」で決定しました。複製・移動が確認できましたらCtrl+Dで操作を繰り返しました。

3、作成した一列の正円を全て選択し、再度、「オブジェクト」ー「変形」ー「移動」の順で、水平方向に12.5mm、垂直方向12.5で入力し「コピー」で決定。

4、さらに作成した二列の正円を全て選択し、「オブジェクト」ー「変形」ー「移動」の順で、水平方向に0mm、垂直方向25で入力し「コピー」で決定。複製・移動が確認できましたらCtrl+Dで操作を繰り返しました。

※数値入力が慣れないと思うように移動させれないと思いますが、原点が左上で右方向、下方向に目盛りが降られていますので右に移動、もしくは下に移動させたい時は「正の数」を、左方向や上方向に移動させたい時は「負の数」を入力しましょう!

不明な点などあれば連絡くださいませ。
このレッスンノートを書いたコーチ

老若男女に指導経験あり!参考書だけでは掴めない「コツ」をあなたに

IllustratorスクールNORI
NORI (Illustrator)

名古屋・金山・千種・勝川・春日井(JR)

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta