Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート Illustratorの基本的な機能と操作法

Illustratorの基本的な機能と操作法

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした。
ざっとですが今日の内容をまとめておきます。

●新規ファイルの設定
Illustratorのファイルを新規に作成するには、「ファイル>新規」を実行します。次に開く画面(ダイアログボックスといいます)でファイルのカラーモードやサイズの設定をします。
一番上の「プロファイル」の部分で、作成したいものの特性に合ったカラーモードやサイズの設定を選びます。今回はプリントアウトする資料を作成するということで、「プリント」を選択しました。
「サイズ」の項目では、目的に適したサイズ(A4サイズ)と、アートボードの方向(縦横)を選びます。
印刷会社で印刷する場合で、地色などの裁ち落としを要する場合は、その下の「裁ち落とし」項目で、四方に「3mm」の値を設定します。
設定が完了したら、OKボタンを押すと、上の設定が反映された白い背景(アートボード)のウインドウが開きます。この上で作業をします。

●図形(オブジェクト)の作成
アートボードに合わせてバックの色をつけるため、まずは長方形を描きました。
長方形を描くには、ウインドウ左側のツールの中から、ツールを四角の形のアイコンの「長方形ツール」に変更します。
そして、四角を描きたい起点となる部分をクリックし、そのまま斜めに終点となる部分までドラッグすると、四角形を描くことができます。
一度描いた四角形のサイズを変更するには、ツールを黒い矢印のアイコンの「選択ツール」に変更し、先に描いた四角形の角や辺の中央にある白い四角形をクリックしてドラッグします。

●shiftキーやaltキーの機能
選択ツールを使うとき、shiftを押しながらドラッグすると、移動方法が水平垂直と45度方向に限定されます。また、図形を変形する際にオブジェクトの 角の白い四角をドラッグするとサイズを自由に変更できますが、shiftキーを押しながらドラッグすると、天地左右の比率が維持されたまま拡大縮小ができます。
選択ツールを使う際にaltキーを押しながらドラッグすると、オブジェクトを移動しながら複製することができます。同じ形や大きさのオブジェクトを作成する際には便利な機能です。

●オブジェクトの色を変更する
作成した図形(オブジェクト)の色を変更するには、色を変更したいオブジェクトを選択してから、画面右側にあるパレットのアイコンの「カラーパネル」を開き、そこで色を指定します。Illustratorは、オブジェクトの中身の色(塗り)と輪郭の色(線)を使って絵を表現します。
カラーパネルや、ツールの一番下にある四角がふたつ斜めに重なったアイコンの部分で、塗りと線いずれを変更するかを選びます。
ちなみに色をつけたくない場合は、このアイコンの下に並んでいる、白地に赤い斜線のアイコンをクリックします。

●写真画像の配置と切り抜き
写真画像を配置するには「ファイル>配置」で配置したい画像を選択すると、アートボード上に画像が配置されます。画像のサイズ変更は先の長方形のオブジェクトサイズ同様に行なえます。ただし、ただドラッグすると写真の天地と左右の比率が変わるので、ドラッグしながらshiftキーを押すと、天地左右比率を維持したままでの変形ができます。

次にその画像の上に図形ツールなどで切り抜きたい形のオブジェクトを作成します。画像とそのオブジェクトを選択し、「オブジェクト>クリッピングマスク>クリッピングマスクを作成」で画像を切り抜きます。
クリッピングマスクで切り抜かれた画像の位置やサイズを変更したい場合には、ツールを黒い矢印の「ダイレクト選択ツール」に変更してから、画像の部分をクリックすると、クリッピングマスクの中の画像だけを選んで編集することができます。

●文字の入力と編集
文字を入力するには、T字アイコンの「文字ツール」にツールを変更し、文字を入力したい部分をクリックすると、そこで入力ができます。書体や文字のサイズや行間、詰め具合を変更するには、「文字パネル」を開いて、そこで設定します。色などの変更はカラーパネルで変更します。

●オブジェクトの重ね順とレイヤー
Illustratorでは、最初に作成したオブジェクトが一番下、その次に作成したその一つ上にと、オブジェクトを重ねることで絵柄を表現します。この重ね順を確認したり変更するには、「レイヤーパネル」を開きます。選択されているオブジェクトの右側に四角が表示されているので、こちらをクリックして、並べ替えたい位置へとドラッグすると、オブジェクトの重ね順が変更できます。オブジェクトの重ね順の変更は、「オブジェクト>重ね順」でも可能です。

ざっとこんなところでしょうか。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta