サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorの教室 レッスンノート Illustratorの基本と応用

Illustratorの基本と応用

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!


Illustratorの基本操作に加え、解像度と画素数の考え方など、DTPの基本となるお話もさせていただきました。
画素数と解像度は少しややこしいのですが、一度しっかり理解できると様々な場面で考えやすくなります。

Illustratorでは基本機能の他にもグラフやガイドについても説明していきました。

デザイナーとのやりとりについては、打ち合わせの質、完成イメージの共有が大切というお話をさせていただきました。
共有するための方法を模索する必要があります。
ラフスケッチなどもお互いが共有できるとよいかもしれませんね。

デザイン力を高めるためにするべきことは、日々の観察です。
誰かが作ったデザインを観察・分析し、自分でも作ってみる。
観察力が向上すれば、自然と表現力も高まります。
再現できるかどうかというのは道具のスキル=技術です。これはすぐ学べます。

観察力の向上はセンスを磨くことにもなります。
どんどん優れたデザインを発見し、観察してみましょう!
新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした。 Illustratorについてレッスンしていきました。 写真の配置は、リンク配置と埋め込み配置があるので、使い分けましょう。 配置位置やサイズが決定したら埋め込みにしてOKです。 埋め込みにした分Illustratorファイルデータは重くなります。 ...

レッスンおつかれさまでした。 カタログの作成のベースとなるレイアウトを作成していきました。 ポイントは長方形ツールをパスの段落設定を使って分割し、ガイドとして利用するところですね。 レイアウトする枚数が多い場合は、ガイドを設定してあげないとなかなかきれいに並べるのは難しいですね。

体験レッスンおつかれさまでした! Illustratorについて、またデザインの学習方法についてレッスンしていきました。 Illustratorの基本となるパスを理解できると、スムーズです。 イラストであれ、デザインビジュアルであれ、自由に線を描けることが大切になってきます。 ...

レッスンおつかれさまでした。 バナー画像を作成していきました。 回転ツール、図形ツールの変形、ナイフツールなどを利用して、効率的にビジュアルを作成する方法をご紹介しました。 gigafile便にてaiデータを転送しますので、ぜひ確認してみてください。 https://35.gi...

レッスンおつかれさまでした。 Illustratorでのイメージ図作成についてレッスンしていきました。 長方形など、簡単な図形を変形させながら描いていくと時間短縮に繋がります。 ペンツールで部分を描いて行く方法も確実ですね。 フローリングの表現はやや複雑です。 段組設定などを...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta