サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorの教室 レッスンノート IllustratorとPotoshopとデザインについて

IllustratorとPotoshopとデザインについて

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

まずはIllustratorとPhotoshopの違いから説明していきました。
扱うことのできる画像データ形式が違うということですね。
ベクターデータはIllustratorで、ビットマップデータはPhotoshpで作成・編集します。

Illustratorの基本操作からレッスンしていきました。
画面の見かたについては使いながら慣れていきましょう。

ツールについては選択ツールとダイレクト選択ツール、図形ツールを説明しました。
オブジェクトを構成しているパスという仕組みをまずは頭に入れてください。
パスレベルで編集したい場合はダイレクト選択ツールを利用します。

パスを構成するアンカーポイントとセグメントを作成・編集しながらビジュアルを構築していく作業がIllustratorの基本となります。

図形ツールの組み合わせだけでも様々なイラストを作成できます。
塗りと線の色を組み合わせたりしながらどんどんいろんなイラストを作成してみましょう。
新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした。 Illustratorについてレッスンしていきました。 写真の配置は、リンク配置と埋め込み配置があるので、使い分けましょう。 配置位置やサイズが決定したら埋め込みにしてOKです。 埋め込みにした分Illustratorファイルデータは重くなります。 ...

レッスンおつかれさまでした。 カタログの作成のベースとなるレイアウトを作成していきました。 ポイントは長方形ツールをパスの段落設定を使って分割し、ガイドとして利用するところですね。 レイアウトする枚数が多い場合は、ガイドを設定してあげないとなかなかきれいに並べるのは難しいですね。

体験レッスンおつかれさまでした! Illustratorについて、またデザインの学習方法についてレッスンしていきました。 Illustratorの基本となるパスを理解できると、スムーズです。 イラストであれ、デザインビジュアルであれ、自由に線を描けることが大切になってきます。 ...

レッスンおつかれさまでした。 バナー画像を作成していきました。 回転ツール、図形ツールの変形、ナイフツールなどを利用して、効率的にビジュアルを作成する方法をご紹介しました。 gigafile便にてaiデータを転送しますので、ぜひ確認してみてください。 https://35.gi...

レッスンおつかれさまでした。 Illustratorでのイメージ図作成についてレッスンしていきました。 長方形など、簡単な図形を変形させながら描いていくと時間短縮に繋がります。 ペンツールで部分を描いて行く方法も確実ですね。 フローリングの表現はやや複雑です。 段組設定などを...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta