Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート Illustratorで作成するための1歩目に必要なツール

Illustratorで作成するための1歩目に必要なツール

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした☆
こちらのレッスンでは、毎回のレッスンの後に「レッスンノート」としてレッスンでやったことやレッスン時に伝えられなかったことなどを記載しています。今後のご参考にしてください☆



 |よく使うツールとパネル
実際に制作する際に、まずすることは「レイアウト」の作成です。
使用する写真や装飾したテキストを始めから作ってアートボード上に置いてしまうと思考が混乱しますし、動作が重たくなってしまいます。

ですので、まずは、簡単な図形やダミーテキストなどでスペース取りをしていきます。

よく使用するツールは、
*選択ツール
*ダイレクト選択ツール
*図形(長方形など)ツール
*ペンツール
*文字ツール
です。

パネルは、用途によって様々なパネルを使いますが、その中でも
*カラー
*整列
*文字
*段落
*レイヤー
は、よく使用すると思います。

また、その他の機能として、
*移動
*拡大・縮小
*パスのオフセット
*クリッピングマスク
*グループ(グループの解除)

上記の機能で、レイアウトはほとんどできてくると思います。



 |画像の配置
Illustrator内に画像を配置するには、「ファイル」→「配置...」で指定の画像を選択します。

 |選択ツール
Illustratorが開いている時は、マウスは左側にある「ツールパネル」から何かしらのツールを必ず持っていることになります。開くとまず「選択ツール(黒矢印)」を持っている状態になります。
基本的には、常に「選択ツール」にしておくことが良いと思います。

 |クリッピングマスク
クリッピングマスクは、切り抜きとは違い、周りを消すことなく一部を表示したい時に使います。抜きたい画像を背面に抜きたい型(長方形など)を前面に作成して、その2つを選択した状態で「オブジェクト」→「クリッピングマスク(→作成(Ctrl+7))」すると型に合わせて画像がマスク(抜かれます)されます。

 |Photoshop
実際にフライヤーなどの販促物を作成する場合には、そのほとんどのアイテムに写真が使われると思います。写真は、文字では伝わらない情報が瞬時にして伝えることができる良い素材ではありますが、料理と一緒で撮影後に「現像(調理)」をしないと魅力的な写真とはなりません。

全体を補正するときに便利なのが「フィルター」→「camera Rawフィルター...」です。
一見キレイな写真に見えても色が少しくすんでいたりゴミがあったり意外とあります。(やりすぎには注意が必要ですが...)
このレッスンノートを書いたコーチ

大切なのは好奇心!印刷会社や広告代理店など、現場で培ったノウハウを伝授

まなぶデザインカフェ
富田學 (Illustrator)

名古屋・鶴舞・岐阜・尾頭橋・尾張一宮・西岐阜・穂積・大垣・東枇杷島・岐南・名鉄岐阜・...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta