Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート IllustratorやPhotoshopを使ってできること

IllustratorやPhotoshopを使ってできること

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした。
途中ソフトの不具合があり余計な時間を要してしまい申し訳ございませんでした。
ざっとですが、本日のレッスン内容についてまとめておきます。

●IllustratorとPhotoshopの違い
この2つのソフトで使う画像の違いは、簡単に言えば、画像の表現の仕方の違いです。
Illustratorの絵は「点(ポイント)」とそこから出る「線(セグメント)」で構成されています。
Illustratorの画像は、ポイントの位置や、そこから出る線の長さや方向、そしてそれぞれがどのような色をしているなどが細かく書き込まれた情報の集まりです。このような画像のことを、「ベクター画像(Vector graphics)」といいます。ベクター画像は、このように点や線の情報だけでデータが構成されているので、(点と線の間の情報を変えるだけで拡大縮小ができるから)拡大縮小によっても画像が荒れることがなく、またデータサイズが小さくて済むという特長があります。しかし、写真のように細かな色の違いなどを再現するのが苦手でもあります。
対して、Photoshopの画像は、細かい四角(ピクセル)それぞれに色や明るさが指定されていて、その集まりによって画像を表現しています。このような画像のことを、「ビットマップ画像(Bitmap graphics)」といいます。ビットマップ画像は、細かな点の色の集まりによって写真や手描きの絵のような色の違いを出すのは得意ですが、反面、ピクセルそれぞれが色の情報を持つので、データサイズが大きくなりやすく、拡大するとピクセルの四角によるギザギザ(ジャギー)が目立ってしまうという弱点があります。

今回は、LINEスタンプ作りを例として、手描きのイラストからそれぞれのデータを作る際、どんな違いがあるかを説明しました。
手描きの場合、描いた画材(ペンや鉛筆など)の細かなタッチやアナログ感を表現したい場合は、色の表現が繊細なPhotoshopの方が適しています。スキャナでスキャニングしてビットマップ画像化した絵を、色の塗り方も直感的で、ブラシツールを使えば簡単なマウス操作でできますし、広い面積を塗りたい場合は、選択ツールや塗りつぶしツールなどで瞬時に色を変えることもできます。
対してIllustratorでは、オートトレース機能を使ってビットマップ画像をベクター画像に変換でき、色や形の変更がしやすいですが、線が滑らかになりすぎる場合もあるので、アナログ感を求める場合は不向きかもしれません。

ペンタブレットなどを使って絵を描く方法もありますが、まずは手描きをスキャンしたり、Illustratorで簡単な図形を描きながら絵を描く方法を試されるといいのかなと思います。

●Illustratorで絵を描く
今日はざっとですが、長方形ツールや楕円形ツールなどを使って作った図形の組み合わせで、簡単に人物を描く方法を見てもらいました。
Illustratorで絵を自在に描くには、ペンツールで自由に線を描きながら絵を描くのがもっとも一般的な方法です。しかし、ペンツールの操作にはある程度の慣れが必要なので、まずは図形ツールで図形を描き、それを複製したり、パスファインダなどで形を加工しながら絵を描いていくのが、つまづかずに楽しく操作方法を覚えて行くにはいいのではと思います。
また、ロゴなどを作る場合にも、基本的な図形の作り方とその組み合わせを覚え、入力した文字をアウトライン化(文字データからベクター画像に変換すること)し、その形を編集する方法が比較的簡単な方法だと思います。

今日のレッスンの主立った内容は、こんなところでしょうか。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta