Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート Illustratorの作業画面の確認

Illustratorの作業画面の確認

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.Illustratorの作業画面の確認
まずは、簡単なテキストを使って、作業画面の名称を確認しました。立ち上げると左側に来るツールボックス、向かって右側のパネル、最上部メニューバーなどの名前を覚えましょう。必要なものだけでOKです。このことで第三者と操作方法について話す時、説明しやすくなります。メニューバーの「ウィンドウ」からツールボックス、パネルの出し入れが可能です。時間がある時に試してみて、どんな機能があるか確認しましょう。

2.長方形ツールを使って四角を描く
まずは、長方形ツールを使って四角を描いてみます。ドラックして感覚的に、画面をクリックして数値入力ができます。配置した後に、変形したい時は、変形パネルを使って、再度数値入力をしましょう。XとYの値は、アートボードと連動しています。
長方形に色を設定します。ツールボックス上の塗りと線のアイコンをダブルクリックして、カラーのダイアログを出すこともできますし、カラーパネルからも設定することができます。
数値入力、感覚的にスペクトルのバーから拾ってもどちらでも構いません。
線パネルを使って、線の太さを変えます。破線設定、線の先端の形、線の開始位置を変更することができます。やり直しのショートカットは、コマンド+Zになります。

3.選択ツール、ダイレクト選択ツールの基本と違いについて
私には、ダイレクト選択ツールを「部分選択ツール」と昔の名前で呼んでしまうくせがあります。選択ツールは、オブジェクト全体を選択するもの、ダイレクト選択ツールは、ペジェ曲線上のポイントを選択するものまたはオブジェクトの特定の部分を選択するものと覚えておけば良いと思います。こういった基本機能をきっちり知ることで、作業時間に差が出ます。
選択ツールで、複数のオブジェクトを選択する方法を学びました。ドラックもしくは、シフトを押しながら、クリックします。移動する時に、シフトを押しながら移動すると、水平垂直45度の制限がかかります。シフト+オプションで、水平垂直45度のコピーになります。
オブジェクトを選択した状態で、リターンを押すと移動ダイアログが出ます。
オブジェクトを回転したい時は、方法は4つ、自由変形ツール、回転ツール、バウンティボックス、変形パネルになります。
昔と違うイラストレータの機能として、フォトショップの効果が使えること、手書き風のツールが増えたことを説明しました。

最後は、少々駆け足でしたが、基礎中の基礎を話しました。すでに具体的に制作したいものがあるとお伺いしたので、あとはそれを細部までイメージして、データとして作り込むだけです。可能な限り詳細をスケッチして、それをイラストレータで完全にコピーできる(再現できる)かどうかやってみてください。枠線を引いてみるだけでもツールの復習になります。
このレッスンノートを書いたコーチ

デザイン事務所経営の現役デザイナー。基本のツボを押さえて、みるみる上達

鼎Illustrator講座
宮崎かなえ (Illustrator)

町田・淵野辺・矢部・橋本

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta