サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 東京 Illustratorデザイン講座 レッスンノート 仕様書を作るために必要なIllustratorの基礎的な機能紹介

仕様書を作るために必要なIllustratorの基礎的な機能紹介

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした。
暑い中足をお運び頂きありがとうございました。
ざっとですが、本日のレッスン内容についてまとめておきます。

●Illustratorで図形・線を描く
Illustratorは、オブジェクトと呼ばれる図形や線、文字、画像などを重ねることで絵柄を表現します。

Illustratorには表機能がついているのですが、その機能がやや使いにくいため、簡単な表は図形や線でセルを描いて、その上に文字を重ねて表現するという方法がよく取られます。
セルのような四角形は長方形ツールで描き、それをコピーしたり、ペンツールで描いた直線を重ねながら作っていきます。コピーの方法にはいくつかありますが、オブジェクトを選択してドラッグする際に、optionキーを押すと、ドラッグした位置にコピーをする方法は便利なので覚えておくといいでしょう。


●Illustratorで文字を書く、レイヤーを分ける
文字の入力には、文字ツールを使用します。ワードなどで編集してから、それをコピー・ペーストして使うことも出来ます。文字のサイズや行送りなどは文字パネルを使って設定します。今日作成した表の場合は、セルの距離に合うように文字サイズや行間を設定します。項目の横位置を揃えるためには、語句の間にタブを入れ、タブパネル(「ウインドウ>書式>タブ」で表示)を使って位置を調整します。

この際、セルの四角や線とその上の文字だったり、フォーマット化して変更しない部分と変更する部分などで、レイヤーを分けて、編集したくない部分のレイヤーにロックを掛けるなどしておくと、作業中に間違えてオブジェクトを消してしまうようなことが少なく、作業もやりやすくなります。レイヤーの操作はレイヤーパネル(「ウインドウ>レイヤー」で表示)で行います。
また、レイヤーでロックするのとは別に、個々のオブジェクトをロックすることもできます(ロックしたいオブジェクトを選択した上で、「オブジェクト>ロック>選択」)。


●ペンツールで図形を描く
洋服のイラストをトレースして描くには、まずは下絵となる画像を配置します(「ファイル>配置」で画像を選択、ウェブブラウザの画面からドラッグでもできる場合があります)。
画像を配置したら、それをロック(「オブジェクト>ロック」やレイヤーロック)し、ペンツールを使ってそれをなぞっていきます。
ペンツールは、角を作りたい場合はペンツールのまま角を置きたい位置をクリックし、曲線状に描いてみたい場合は、クリックしたままドラッグすると、ハンドルという曲線の曲がり具合を調整する線が出てくるので、それを使って曲がり具合を調整します。ペンツールの操作法はここでは説明しにくいので、本レッスンの際に改めて詳しく説明できればと思います。


●図形の色を変更したり、パターンを描く
Illustrator上の図形は、図形の中の色(塗り)と線の色を別々に指定します。この色の変更は、カラーパネル(「ウインドウ>カラー」で表示)で行ないます。線の太さや、線の形状は、線パネル(「ウインドウ>線」で表示)で設定します。

図形の中に洋服の柄などのパターン(連続柄)を入れたい場合、色の指定のない正方形を描いてから(オブジェクトの色の指定をなしにするには、カラーパネル左下の白地に赤の斜線の部分をクリックします)、その上に連続柄になるように絵柄を配置し、それらをスウォッチパネル(「ウインドウ>スウォッチ」で表示)にドラッグして登録します。そしてパターンを適用したいオブジェクトを選択し、スウォッチパネル上の柄をクリックします。

また、テキスタイルの写真などを図形に適用したい場合は、写真を配置し、その上に切り抜きたいオブジェクトが重なっているのを確認してから、写真とそのオブジェクトを選択し、「オブジェクト>クリッピングマスク>作成」で図形の形に写真を切り抜くことができます。


●オブジェクトを半透明にする
洋服の影を表現するのに、今回は透明を利用してみました。オブジェクトを半透明にするには、透明パネル(「ウインドウ>透明」で表示)の不透明度の%値を下げます。今回は黒を指定し、それを50%の不透明度にしてみました。

今日紹介した機能はこんなところでしょうか。紹介する機能が多かったので、細かな説明ができなかった部分もありますが、本レッスンでより詳しくお伝えできればと考えております。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

新着レッスンノート

昨日はレッスンお疲れ様でした。 年賀状、無事間に合いましたでしょうか。 ざっとですが昨日のレッスン内容についてまとめておきます。 ●破線とパスファインダーを使って切手状の輪郭をつくる 切手状の形の特徴といえば、輪郭部分が半円状に凹んでいることです。なので輪郭線に丸形の破線をなら...

本日はレッスンお疲れ様でした。 前回レッスンから時間がありましたが、しっかりご自分で制作をされていたので安心しました。 今日のレッスンは、作品の講評をしながらだったのでなかなかまとめにくい内容ですが、簡単にポイントを挙げておきます。 ●透明を使った色の重ねで思った色がでない場合は、パ...

今日もレッスンお疲れ様でした。 ご自分では謙遜されていましたが、しっかりと自習して課題をこなされていてレッスンが進めやすかったです。 ざっとですが、本日のレッスン内容についてまとめておきます。 ●絵を描く際にはオブジェクトを重ねたり、塗りと線を別のオブジェクトにするなどの工夫をする ...

本日もレッスンお疲れ様でした。 宿題としていた課題、かなりしっかりと作り込まれており感心しました。 復習をしっかりとされた成果ですね。引き続き頑張って下さい。 本日のレッスンの内容、前回のレッスンの復習となる部分が多かったので、新たに紹介した機能や設定についてまとめておきます。 ●...

本日は初めてのレッスンお疲れ様でした。 最初ということで、内容多めのレッスンとなりましたが、楽しんで頂けましたでしょうか。 昨日の体験レッスンと重複する部分もあるので一部省略しますが、本日のレッスンのポイントをまとめておきます。 ●文字の編集方法 昨日は文字についての基本的な設定を...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta