Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート 【体験レッスン:Illustratorの画面トレースについて】

【体験レッスン:Illustratorの画面トレースについて】

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!
レッスン終了後はこちらの「レッスンノート」という、レポートのようなものを送らせていただいております。
文字のみの情報ですのでわかりにくい部分もあるかと思いますが、レッスン後の復習等にご活用ください!


このたび、「主にイラストを描くときにペンツールの使い方がわからない」というご質問をいただきました。
体験レッスンでは「あえてペンツールを使わずにIllustratorでイラストを作る」やり方をお話してみました!
「描く」というより「作る」です(笑)

今回使った機能は「画面トレース(ライブトレース)」というものです。
レッスンの繰り返しにはなりますが、こちらで簡単に使い方をまとめておきますので、今後の作業にご活用ください!


【画面トレース(ライブトレース)を使ったイラストの作成】

①元になるイラストは、手描きで普通に描く
②描いたイラストをスマホ等で撮影し、PCで開けるように準備する

※この段階で、なるべく線を黒くハッキリと、白黒の区別がクッキリ付くようにしておくと、後の作業がキレイに進みます。

③Illustratorに②の画像を配置する
④選択ツールで画像を選択する
⑤画面上部に「画面トレース(もしくはライブトレース)」というボタンが表示されるのでクリックする
⑥トレースが終わると、先程のボタンのところに「拡張」というボタンが表示されるのでクリックする
⑦完成。あとはグループ解除をしたり、ダイレクト選択ツールを使いながら編集していく

以上が流れになります。

「ダイレクト選択ツール(白い矢印)」を使って選択することで、パーツごとに色を付けていくことが出来ます。


上記の説明だけではわかりにくかもしれませんので、何かご質問がございましたら、お気軽にご連絡くださいね♪


【背景の模様について】
こちらもレッスンに出てきましたので、少しだけまとめておきます!

背景の模様は、もちろん自作することも出来ますが、一般的によくありそうな模様はネットで素材を探してしまうのが簡単です(笑)

レッスンでもご紹介した下記のサイトは、模様の種類も沢山あって、データも使いやすく作ってくださっているのでオススメです!
困ったときにはぜひ覗いてみてください!
http://www.pattern-sozai.website/data/



その他にも、何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にメッセージいただければと思います。
お疲れ様でした!
このレッスンノートを書いたコーチ

実務15年の現役デザイナー。企業向け〜オタク系まで、全て相談に乗ります

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta