Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート IllustratorやPhotoshopでの手描き風デザインの作り方

IllustratorやPhotoshopでの手描き風デザインの作り方

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした。初めてのレッスンということで新しいことに多く触れたと思いますが、楽しんで頂けたでしょうか。
簡単にですが今日のレッスンのポイントをまとめておきます。
グラフィックソフトを使って手描き風に表現をしてみたいということで、手軽にそういった表現をするためのいくつかの方法を紹介しました。

●Photoshopでスキャンした画像を取り込んで編集
手描きである程度の絵が描ける場合は、スキャナなどを使って手描きの絵を画像データ化し、それにPhotoshopを使って着彩します。

●Illustratorで画像をオートトレースしてアウトライン化
これもある程度手描きができるかた向けの方法です。
まずはIllustratorの新規ファイルを作成し、スキャナやデジカメなどの画像をIllustrator上に配置します(「ファイルメニュー>配置」で配置したい画像を選択)。この画像を選択ツールで選択し、画面の上の方に出ているコントロールパネルの「画像トレース」のボタンを押すと画像が自動的にトレースされ、アウトライン化されます。そのままコントロールパネルの「拡張」ボタンを押すとアウトライン化されたオブジェクト(Illustrator上の図形や画像などをまとめてこう呼びます)が出来上がります。これに「ライブペイントツール」などを使って着彩していきます。

●Illustratorの透明や効果などを利用してアナログ感をシュミレート
Illustratorの図形ツール(長方形ツールや楕円形ツールなど)を使って図形を描き、そこにアナログ感のある画像のテクスチャを重ねたり、アウトラインを手描き風に歪ませることで手描き風の表現をする方法です。
いろんな方法があるのですが、今日は、紙のテクスチャの画像を配置し、それをクリッピングマスクで切り抜き、そのアウトラインに「ラフ」効果をかけて手軽に手描き風に見せる方法を紹介しました。
上の二つの方法は、手描きの絵を元にした作成方法ですが、この方法は手描きが苦手でも、手描きやアナログ風の表現が手軽にできる方法です。

手順としてはこんな風です:
1:図形ツールで図形を描き、塗りなどで色を指定。それを同じ位置に複製しておきます(今日のレッスンでは紹介しませんでしたがctrl+Fなどを使って同じ位置にコピーができます)。
2:テクスチャの画像を配置します(テクスチャ画像はフリーの素材集などを利用するのが手軽です)。
3:1で作った図形の一つが2の画像の上にくるように重なり順を変更し(オブジェクト>重ね順)、図形とテクスチャ画像をともに選択し、「オブジェクト>クリッピングマスク>作成」で画像が図形によって切り抜かれます。
4:3の切り抜かれた画像を選択し、「透明パネル」でモードや不透明度を調整します。今回は「乗算」モードで、不透明度を「50%」程度にしました。これでテクスチャの濃さを調整します。
5:1で複製した図形(オブジェクト)と4の切り抜き画像をともに選択し、グループ化(オブジェクト>グループ)します。選択したままで、「効果>パスの変形>ラフ」を適用して、アウトラインを切り絵状のギザギザな線に変えます。「ラフ」の効果は、「サイズ」を小さく、「詳細」の数値を大きく、「ポイント」を丸く設定すると自然に見えます。「プレビュー」にチェックを入れて、設定具合を確認しながら適用するとよいでしょう。
6:このように作成したオブジェクトを複製したり、色を変えて絵や模様を作成します。

今日は他にも、基本的なツールの使い方やCMYKでの色の考え方などについても説明しましたが、細かな説明となりすぎるので省略します。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta