Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート デザイナーの視点

デザイナーの視点

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お仕事でillustratorを使用してデータチェックや修正をなさっていて、ある程度簡単なデザインまで出来るようになりたいとご要望の生徒さんでした。

デザインを出来るようになれば現在のお仕事にも大変役立ちますし、また別のことにも活かせます。
とても向上心の強い生徒さんです。

お仕事で操作をされているだけあって、基本的な操作方法や専門用語は理解されているようですが、今後はデザイナー視点からの操作方法やショートカットも少しずつ覚えていただければと思います。

フォントについてとても興味があるように感じられました。
フォントの取り合いはもちろん、フォントそのものについてもとても奥が深いものです。
フォントは基本的にフォントメーカーやフォントデザイナーが作成しており、著作権が存在します。
デザインに使用するにあたって著作権についての考え方も理解していく必要があります。


illustratorを使えるようになればグラフィックデザインが出来る、と思われる方も多数いらっしゃいますが、
illustrator操作はあくまで技術面。
デザインに関しては感性・センスも重要です。
日常生活のなかで色んなデザインを見て、レイアウトや色合い等参考にしたいものをどんどん頭の中の引き出しに入れておきましょう。
引き出しが多いと、デザインを考える上でとても役立ちます。
このレッスンノートを書いたコーチ

デザイン事務所経営の傍らアートで野生動物保護活動中。映像演出も

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta