Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート 使用アプリの特徴と今後の使い道の全体像を確認しました☆

使用アプリの特徴と今後の使い道の全体像を確認しました☆

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はお疲れさまでした!
直接お話を伺うと「文字」だけではわからないことがいっぱいで、より詳しく具体的なお話ができて良いですね☆

事業を進めるにあたりIllustratorを含めたあらゆるアプリは、ご自身や事業活動のプロモーションを進める良いツールとなると思います。今後、活用できるアプリは以下のアプリではないかと確認させていただきました。

<Adobe Muse>
主にweb以外のデザイナーや広報担当の方のためのサイト作成アプリです。もともとIndesignの開発チームが作成したコードのいらないアプリは、まるでIndesignやIllustratorのような感覚でサイトが作成できます。

<Adobe Illustrator>
名前の通り、もともとイラスト描画アプリです。印刷物全般においてIllustratorは必須アプリになります。今後、ロゴや名刺、パンフレットなどを作成する際はとても重要なアプリになります。サイトを作成する際には、Illustratorで作成されたオブジェクトをMuseに素材として持って行くことになります。

<Adobe Photoshop>
画像補正アプリとしてIllustrator同様プロ仕様のアプリで、色補正からCDジャケットのようにガッツリレタッチまでできます。サイト作成にあたっては、写真画像の補正はもちろん、ボタンやバナーなどの素材の作成にも用いられます。

<Adobe Acrobat>
画像からテキストの抽出や保護付き署名の作成など、PDFデータからあらゆるアクションを行えて、相手側のAcrobat Readerのバージョンに関係なく展開ができる地味にすごく活用できるアプリになります。まだ企業の中でも紙媒体が強くデジタル書類の対応は少ないですが、署名以外にも活用できることがあると思います。

<Adobe Mobile>
モバイルアプリにも力を入れているAdobeは、現時点で数多くのアプリを無償提供されています。他のとは違いAdobeのモバイルアプリのすごいところは、個々の編集力はもちろん、一部のアプリでは、IllustratorやPhotoshopへの送信が直接的で、さらにモバイルで行った編集状態が維持されてデスクトップアプリで編集が継続されるといった制作担当者にとってとても「かゆいところに手が届く」賢いアプリなんです。(詳細はまた後日^^;)

といった、これからの事業活動を進めるにあたり、アプリの活用方法をざっくりではありますがご紹介させていただきました。

※アプリをご購入する際には、時期によってキャンペーンがあったりしますが、キャンペーンの時期は定期的に出てきますし、焦って購入するものではありませんので、焦らずまずは1ヶ月の体験版から試していくことをお勧めいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

大切なのは好奇心!印刷会社や広告代理店など、現場で培ったノウハウを伝授

まなぶデザインカフェ
富田學 (Illustrator)

名古屋・鶴舞・岐阜・尾頭橋・尾張一宮・西岐阜・穂積・大垣・東枇杷島・岐南・名鉄岐阜・...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta