Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート Illustratorの基本操作とデザインについて

Illustratorの基本操作とデザインについて

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした。
初めてのレッスンにてざっくりとした内容になってしまいましたが、楽しんで頂けましたでしょうか。
今日は名刺のレイアウトを作成しながら、Illustratorの基本的な使い方と、文字を使ったデザインについての考え方を説明しました。
大まかにですが、今日のレッスンのポイントについてまとめておきます。

●Illustratorでの文字の設定
Illustratorで文字を入力するには、「文字ツール」を使用します。文字ツールにツールを変更してアートボードの文字を入力したい部分をクリックすると、そこから文字を入力できます。また、アートボード上をドラッグすると、エリア内テキストという、テキストボックスを作成してその中に入力することができます。
フォントの種類や、文字のサイズ、行間や文字間の設定を行なうには、「文字パネル」を使います。行揃えなどの設定には「段落パネル」を利用します。
基本的に、文字ごとの設定を変更する際には、テキストツールで変更したい部分を選択して変更し、一つのテキストオブジェクトの設定をまとめて変更したい場合には、そのオブジェクトを選択ツールで選択してから各パネルで一括して変更します。

●文字のデザインについての考え方
・書体の選択
本日は会社のロゴを拝見しながら、それに近いデザインの書体を使用しながらレイアウトを考えてみました。
落ち着きのあるデザインにしたい場合には、基本的にあまりいろんな書体を使いません。変化をつけたい場合には、その書体のファミリー(文字の太さや、イタリック体などのバリエーション)の中で書体を選びます。
欧文のロゴに和文の文字を合わせる場合も、見た目のデザインが近いものを選ぶといいでしょう。

・文字を組む際の注意
日本語の文章の場合、句読点などを使う際に間違った使い方をするということはあまりないですが、欧文の場合、ネイティブの人が使っているように、正しく記号などを使うのは意外と難しいものです。見た目のデザインでイメージをつたえるのも重要ですが、文字の組み方が間違っていては、信頼の高さや格調を感じさせるのは難しいでしょう。今日はあまり細かな部分についてのレッスンはできませんでしたが、欧文を使用する際には、そのような文字組についてのルールをしっかりと押さえることも大切です。欧文で組まれた印刷物をよく見たり、欧文の文字組についての本を読んでみるのもいいかもしれません。

・段落揃えによる雰囲気の変化
段落をどのように揃えるかで、同じ文章でもずいぶんと雰囲気が違って見えます。
格調の高さを表したい場合には、中央揃えがよく使われます。パーティーやレセプションの招待状や、高級レストランのメニューなど、この組み方がよく使われます。しかし逆に、硬く見え過ぎてしまう場合もあります。
一般的に良く使われるのは、左揃え(縦組みなら上揃え)です。オーソドックスなので、特別な印象を与えるということはありませんが、それ故にビジネス文書などでもよく使われています。
左揃えでも、行末を揃えないで組むと、そこに凹凸ができるので、その余白の雰囲気を上手く使うとデザインのアクセントになります。行末をぴっちり揃えると、見た目は整然としますが、重苦しい雰囲気に見えてしまう場合もあります。しかし長文などは読みやすいので、この組み方がよく使われます。

これ以外にも、フォントの購入の方法などについてもお話させて頂きました。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta