Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート Illustratorの基本的な使い方

Illustratorの基本的な使い方

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はレッスンお疲れ様でした。
初めての本レッスンでしたが楽しんで頂けましたでしょうか。
今日はお仕事で作られるチラシ制作のために必要な、Illustoratorの基本的な操作法や印刷についての知識をレッスンしました。簡単にですが今日のレッスンの中でのポイントをまとめておきます。

●Ilustratorでのファイル設定
Illustratorで新規のファイルを作成するには、「ファイル>新規」よりファイルの設定を行ないます。印刷物の場合は「プロファイル」より「プリント」の項目を選択します。こちらで印刷物のカラーモードがCMYK、画像解像度が300ppiという印刷に適した設定がされます。
ドキュメントのサイズなどの設定は「サイズ」で行ないますが、これはアートボードという、Illustoratorでの作業机の広さのことです。実際に作成する印刷物の大きさと同じでもいいし、それよりも大きなサイズでも構いません。
また、裁ち落としの設定についてもお話しし、それが印刷においてなぜ必要なのかも説明しました。

●Illustratorでの文字の設定
Illustratorで文字を入力するには、「文字ツール」を使用します。文字ツールにツールを変更してアートボードの文字を入力したい部分をクリックすると、そこから文字を入力できます。また、アートボード上をドラッグすると、エリア内テキストという、テキストボックスを作成してその中に入力することができます。
今回は元の原稿がパワーポイントで準備されていましたので、そちらのテキストをコピーペーストしてIllstrator上に配置しました。
フォントの種類や、文字のサイズ、行間や文字間の設定を行なうには、「文字パネル」を使います。行揃えなどの設定には「段落パネル」を利用します。
基本的に、文字ごとの設定を変更する際には、テキストツールで変更したい部分を選択して変更し、一つのテキストオブジェクトの設定をまとめて変更したい場合には、そのオブジェクトを選択ツールで選択してから各パネルで一括して変更します。
これらの作業をする際に、画面上のサイズで感覚的に設定するのではなく、できるだけ数値を確認しながら設定すると、設定のバラツキを防いだり、文字の大きさなどを数値で認識できるようになります。また、一度設定した文字の属性を、「スポイトツール」を使って他の部分に適用すると、効率よく作業できるということもお伝えしました。

●Illustratorでの配置
Illustratorは、感覚的にオブジェクトを配置したりサイズを変更することができるのが大きな特徴ですが、チラシのような印刷物の場合、決められたサイズを指定したり、複数のオブジェクトをきれいに並べる必要なども出てきます。このような場合に、「整列パネル」や「変形パネル」を利用すると、効率的できれいなオブジェクトの配置ができます。
「整列パネル」では、複数のオブジェクトの位置を揃えたり、アートボード上にきれいに並べることができます。複数のオブジェクトを選択し、その中の基準となるオブジェクトをクリックして設定する「キーオブジェクト」の機能は、頻繁に利用する機能なのでぜひ覚えて下さい。
「変形パネル」では、数値指定によって正確な位置にオブジェクトを配置したり、図形のサイズを数値で指定できることができます。

●Illustratorで図形を作り、色を変える
Illustratorで図形を作成する方法はいくつかありますが、今日は長方形ツールなどの図形ツールを使って図形をつくる方法を紹介しました。
図形ツールには、アートボード上をドラッグして自由に図形を描く方法と、アートボード上をダブルクリックしてから数値指定して図形を描く方法があります。

図形オブジェクトの色を変更するには、「カラーパネル」を使用します。オブジェクトの中身の色である「塗り」と、それを囲む「線」の色、それぞれを設定するのが特徴です。線については、「線パネル」でより細かな設定ができることも説明しました。

●Illustratorのオブジェクトの並び順とレイヤー
Illustratorは、アートボード上で作成した順番に、オブジェクトが重ねられているのが大きな特徴です。この並び順を変えることによって、地の色や、囲み線、その上の文字などを表現していきます。この並び順に加え、それらをより大きくまとめた「レイヤー」を使うと、オブジェクトの数が増えた場合にも、それぞれのレイヤーを切り替えることによって効率的な作業が可能となります。

今回のレッスンの内容はこんなところでしょうか。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta