Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート Illustratorの基本的な使い方

Illustratorの基本的な使い方

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした。
初めてということで、いろいろと詰め込み気味になってしまいましたが、楽しんで頂けたでしょうか。
ざっとですが、今日のレッスン内容についてまとめておきたいと思います。

●Illustratorでの新規ファイル作成
「ファイル>新規」にてファイルの設定をします。印刷の場合はカラーモードを「CMYK」にします。
「アートボード」というのはllustratorで作業をする際の机のサイズのようなもので、実際に作りたい印刷物のサイズと同じか、やや大きめ(後述のトンボが入る程度)のサイズにしておくといいでしょう。

●Illustratorで図形を作り、そこからトンボやガイドを作成
・長方形ツールで長方形のオブジェクトを作る
上の設定をすませたら、「長方形ツール」で実際に作りたい印刷物のサイズの長方形を作ります。
長方形ツールにツールを変えてからウインドウ上をドラッグすると、ドラッグした長さが対角線(円なら直径)の図形を描くことができます。正確にサイズを指定して図形を描きたい場合は、ウインドウ上をワンクリックすると、サイズの指定を要求するボックスが出てきますので、そちらにサイズを指定します。
ちなみに、Illustratorの図形や文字、画像などをまとめて「オブジェクト」と呼びます。

・図形にトンボをつける
トンボ(トリムマーク)は、各インキを刷り重ねる際の位置合わせ(見当合わせ)の目印の役割と、断裁の際に断裁位置がずれる分の遊び幅を示す役割のためにあります。今日のレッスンの制作物はビニール製の袋なので断裁などはないのですが、そのような場合も、印刷の位置を正確に指定するためにつけておくのがルールになっています。
トンボをつけるには、お使いのIllustratorのバージョンでは、「フィルタ>スタイライズ>トリムマークを作成」で行ないます。トンボの位置を固定しておきたい時には、トンボを選択して「オブジェクト>ロック」でロックすることができます。

・図形オブジェクトをガイド化する
図形オブジェクトをガイドにするには、ガイド化したいオブジェクトを選択ツールで選択して「表示>ガイド>ガイドを作成」でガイド化します。ガイドは、通常のオブジェクトと異なり、画面上では見えていても実際には印刷されません。
「表示>ガイド>ガイドをロック」の左にチェックが入っている場合は、ガイドがロックされています。ガイドの位置やサイズを変更したい場合は、こちらのチェックを外すとロックが解除されて再編集可能になります。
なお、ガイド化したオブジェクトの左上などに定規(表示>定規>定規を表示)の原点を合わせておくと、数値でのオブジェクトの位置設定に便利です。
定規の原点をずらすには、ウインドウ左上の定規の交わっている部分から、原点に設定したい位置へとドラッグすると、その位置に原点が変更されます。

●オブジェクトの角度やサイズを変える
・角度を変える
オブジェクトの角度を変えるには、まずはオブジェクトを選択し、その周りを囲んでいるボックス(バウンディングボックス)の四隅の小さな四角形にポインタを近づけます。すると曲線の両端が矢印になったアイコンにポインタが変わる位置があるので、そのアイコンに変わったら、その状態で角度を変えたい方にドラッグすると角度を変えることができます。この際にshiftキーを押しながらドラッグすると、45度単位に角度が限定されます。

・サイズを変える
オブジェクトのサイズを変えたい場合にも、オブジェクトを選択した上で、バウンディングボックスの四隅の小さな四角形にポインタを近づけます。すると斜線の両端が矢印のアイコンに変わる位置がありますので、そのアイコンを維持したまま拡大・縮小したいサイズにドラッグすると、オブジェクトのサイズが変更できます。この際にshiftキーを押しておくと、天地と左右の比率を固定してサイズの変更ができるので、ロゴなどの変形の場合には覚えておきたいです。

●特色での印刷
ビニール袋などへの印刷は、「特色印刷」という方法がよく使われます。
この場合各色のデータを、オブジェクトの色は黒1色(K100%)でそれぞれ作り、それをまとめて印刷会社に入稿し、各版に対して使うインクの色を別途指定するという方法を採ります。この際に先に書いた「トンボ」を、それぞれのデータの同じ位置に入れておくと、印刷のズレを防ぐことができます。
今日のレッスンではお伝えしきれませんでしたが、ウェブで「特色印刷」などと検索してみると、理解が深まるかと思います。印刷会社に確認してもいいでしょう。

以上、主立ったところをまとめさせて頂きました。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta