サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室 香川 まなぶデザインカフェ レッスンノート IllustratorとPhotoshopの使い分け

IllustratorとPhotoshopの使い分け

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした☆
はじめは、IllustratorとPhotoshopの作りの違いを簡単に説明させていただきました。
Illustratorは、図形やテキストを直感的に動かすことができる描画アプリで、基本的には点・線・塗からできていますね。表示をアウトライン表示(Ctrl+Y)するとオブジェクトの骨組みが見れますので編集するときなどにはとても使う機能です。

IllustratorとPhotoshopの使い分けとしては、web用に作成するものであれば、Illustratorで素材を作成してPhotoshopに持ってきてPhotoshopで仕上げます。印刷物を作成する場合は、Photoshopで素材を作成してIllustratorに持って行きIllustratorで仕上げます。

[作成するもの] = [メイン] ← [サブ]
印刷用 = Illustrator ← Photoshop
web用 = Photoshop ← Illustrator

Photoshopの弱点はIllustratorの強みであり、その逆もある、ということが多々あります。その1つは、Illustratorで作成されたオブジェクトは拡大縮小しても劣化しないことです。
例えば、ロゴやタイトル、キャラクターなどを小さいアイテム(名刺など)から大きいアイテム(横断幕やテレビ出力など)までサイズに関係なく再利用ができます。

ショートカットキーについては、使わなくてもデザインに差が出るわけではありませんが、クリエイティブ作業や思考に時間が回せますのでオススメです。
各種ツールや機能名の右側に出てきますので、よく使うものから少しずつ使って慣れていくと良いかと思います。

レッスンについては、それぞれの目標や狙いに合わせたレッスンが一番直接的で実践的かと思います。目標は擬似的なものでも構いませんので、色々と教えてください。
また、疑問や質問などが今後多く生まれてくると思います。それらはとても大切なことですので、忘れないうちにその都度(話を割ってでも^^;)どんどん教えてください☆
このレッスンノートを書いたコーチ

大切なのは好奇心!印刷会社や広告代理店など、現場で培ったノウハウを伝授

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした◎ 今回は、既存の制作物の一部をIllustratorで制作する場合に必要になる機能をご紹介いたしました。 その一部をレッスンノートに記載したいと思います。 地図を描くには... 元となる地図をGoogleマップなどから「ファイル」→「配置...」を選択して、...

本日はお疲れ様でした。 パンフレットなどのデザイン制作には、 IllustratorやPhotoshopなどの道具と使い方、そしてディレクションが必要になりますが、パワーポイントなどで制作する事ができましたら、あとは、道具の使い方さえ分かればハードルはさほど高くありません。 印刷...

体験レッスンお疲れ様でした。 簡単ではありますが、本日の振り返りをさせていただきます。 ロゴや各種POP、フライヤー、看板といったものは、そのほとんどがIllustratorで作られていますので、ご自身で作られる場合は、持っていた方が良いかと思います。 画像編集については、Photo...

スクールお疲れ様でした。 久々のIllustratorという事で、簡単ではありますが、新規ドキュメントからアートボードについて、パターンの作り方、主に使用出来そうな各種ツールの紹介をご紹介させていただきました。 パターンにする事自体は、そんなに難しくはありません。ただ、パターンにする柄...

体験レッスンお疲れ様でした。 本日は、ネット環境が整っておらず十分な説明ができませんでした。 申し訳ありませんでした。 今回は初という事で、 IllustratorやPhotoshopを中心に導入の仕方や各種学習方法のメリットデメリットなどを 私感ではありますが、お伝えさせて...

レッスンノート ページ先頭へ