Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート IllustratorとPhotoshopの使い分け

IllustratorとPhotoshopの使い分け

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした☆
はじめは、IllustratorとPhotoshopの作りの違いを簡単に説明させていただきました。
Illustratorは、図形やテキストを直感的に動かすことができる描画アプリで、基本的には点・線・塗からできていますね。表示をアウトライン表示(Ctrl+Y)するとオブジェクトの骨組みが見れますので編集するときなどにはとても使う機能です。

IllustratorとPhotoshopの使い分けとしては、web用に作成するものであれば、Illustratorで素材を作成してPhotoshopに持ってきてPhotoshopで仕上げます。印刷物を作成する場合は、Photoshopで素材を作成してIllustratorに持って行きIllustratorで仕上げます。

[作成するもの] = [メイン] ← [サブ]
印刷用 = Illustrator ← Photoshop
web用 = Photoshop ← Illustrator

Photoshopの弱点はIllustratorの強みであり、その逆もある、ということが多々あります。その1つは、Illustratorで作成されたオブジェクトは拡大縮小しても劣化しないことです。
例えば、ロゴやタイトル、キャラクターなどを小さいアイテム(名刺など)から大きいアイテム(横断幕やテレビ出力など)までサイズに関係なく再利用ができます。

ショートカットキーについては、使わなくてもデザインに差が出るわけではありませんが、クリエイティブ作業や思考に時間が回せますのでオススメです。
各種ツールや機能名の右側に出てきますので、よく使うものから少しずつ使って慣れていくと良いかと思います。

レッスンについては、それぞれの目標や狙いに合わせたレッスンが一番直接的で実践的かと思います。目標は擬似的なものでも構いませんので、色々と教えてください。
また、疑問や質問などが今後多く生まれてくると思います。それらはとても大切なことですので、忘れないうちにその都度(話を割ってでも^^;)どんどん教えてください☆
このレッスンノートを書いたコーチ

大切なのは好奇心!印刷会社や広告代理店など、現場で培ったノウハウを伝授

まなぶデザインカフェ
富田學 (Illustrator)

名古屋・鶴舞・岐阜・尾頭橋・尾張一宮・西岐阜・穂積・大垣・東枇杷島・岐南・名鉄岐阜・...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta