Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート Illustrator操作法の復習

Illustrator操作法の復習

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もレッスンお疲れ様でした。
本年最初のレッスンということで、今日は昨年に学んだ内容の復習となりました。
復習ということで、ざっとではありますが、今日のレッスンのポイントとなる部分をまとめておきます。

●印刷物につけるトンボ
印刷会社に印刷を依頼する場合は、必ずトンボ(トリムマーク)をつけるのがルールになっています。 
トンボは、各インキを刷り重ねる際の位置合わせ(見当合わせ)の目印の役割と、断裁の際に断裁位置がずれる分の遊び幅を示す役割のためにあります。
内トンボが実際の仕上がりの断裁位置を示し、外トンボは遊び幅を示すためにあります。内トンボと外トンボの幅は日本では3mm取るのが一般的です。
地色や、絵柄が断裁される場合(断ち落とし)は、外トンボの位置までその地色や絵柄を伸ばしてあげると、断裁のずれによって紙の白が出てしまうことを防ぐことができます。
Illustratorでトンボを設定するには、トンボをつけたいオブジェクトを選択したうえで、「オブジェクト>トリムマークを作成」で設定します。例えばA4版の印刷物を作りたい場合は、A4サイズの長方形を作成したのち、そちらを選択して上の設定をすればよいです。この際に元のオブジェクトに線の塗りが設定されていると、それも印刷されてしまう場合があるので、線の塗りはなしにしておきます。
このトンボをつける作業と、ガイドなどの設定をしておいたファイルをコピーして利用すると、同じフォーマットの印刷物の作成が効率的に行えます。

●文字の設定
本日は、以前のレッスンで行った文字の設定を復習しました。こちらほぼ復習となるので説明を省略します。

●グラデーションの設定
グラデーションについても以前レッスンしたことの復習となります。
基本的にグラデーションの細かな設定はグラデーションパネルを使って操作します。
グラデーションの使用色を変更する場合に、グラデーションパネルとカラーパネルを行き来しなければならないのが使いはじめには分かりにくいところです。カラーパネルで色をせっていする前に、グラデーションパネルで色を変えたい部分がしっかり選択されているかを確認してから設定してみてくださいね。

こんなところでしょうか。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta