Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート 見出しなどの見せ方、レイアウトについて

見出しなどの見せ方、レイアウトについて

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もレッスンお疲れ様でした。
今日もご自分で関わられている制作物を拝見しながらレッスンを進めました。
実際のレイアウトやデータを見て変更案を考えながらのレッスンだったので、こちらにまとめにく部分もありますので、要点だけまとめておきます。

●見出しなどの見せ方、飾り方
見出しやタイトルを、ただ文字を置いただけでは単調で面白くないということでしたので、そういう場合の装飾のつけ方について紹介しました。

まず簡単な方法として、文字の下に地色を敷き、文字を白などにして目立たせる方法。これだけでも一応は目を引くことができます。これに加えて、文字をくるみ文字にしてみる(文字の輪郭線をつける)、地色の囲み線に変化をつけてみる。
さらに、地色の角に、InDesignの角オプションで角の処理に変化をつけたり、地色の中にストライプなどの模様を入れて変化をつけてみる方法などを紹介しました。

また、記事の内容に沿ったイラストなどを見出しの周りに配置して、目を引く(アイキャッチを作る)のも効果的です。自分で絵を描くのもいいですし、苦手ならばフリーのアウトライン素材などの色を変えて配置してみてもいいでしょう。

飾り方自体にはいろいろな方法がありますが、自分の作っているものの内容に近い印刷物のデザインを参考にしてみたり、好きなデザインの処理を参考にしてみると、また新しいアイデアが生まれてくると思います。デザインの上達には真似ることが重要です!

●レイアウトの考え方
前回のレッスンでもお話ししましたが、ページ物の印刷物の場合、基本のグリッドに従って文字や画像を並べた上で、誌面全体の色の強さの違いが出過ぎないようにすることが大切です。これについては、前回のレッスンと比べてしっかりと見る目ができていて良かったと思います。さらに目を鍛えていってください。

そして、それに加えて大切なのが、自分が作る印刷物の中でどの情報がまず伝えたいことかをしっかりと考えることです。
一番伝えたいもの。
例えば求人広告なら、給料なのか、労働条件なのか、働き場所なのか?

それを考えるには、クライアントの要望ももちろん重要ですが、むしろ、見た人がどのように感じるかをよく考えることの方が大切だと思います。
それには、他人の気持ちになるというよりも、自分がそのレイアウトを見た時にどういうふうに感じるかをよく思い浮かべるといいのではと思います。
そして、その一番伝えたいことが目立ったり、効果的に見えるように他の要素を並べて行くと、自ずとしっくりとくるレイアウトができると思います。

●日本的なデザイン
文章が多めのレイアウトの場合、文章と写真のレイアウトがぱきっと分かれているより、文章の中になじませるように、写真をリズミカルに配置させるのが、日本の最近の雑誌などのレイアウトの特徴なのかなと思います。
また、見出しに明朝体を使ったり、配色の中にグラデーションをちりばめることも効果的です。こちらについては、引き続きレッスンで考えていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta