Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート IllustratorとPhotoshopの導入、基本的な機能の紹介

IllustratorとPhotoshopの導入、基本的な機能の紹介

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした。
序盤、会場が混雑しておりドタバタしてしまい申し訳ございませんでした。
今日は初めてのレッスンということで、駆け足気味のないようになってしまいましたが楽しんで頂けましたでしょうか。
ざっとですが本日のレッスン内容についてまとめておきます。

●IllustratorとPhotoshopの導入
現在、Adobe社のソフトはパッケージ販売されておらす、クラウドソフトウェアという形で、年間契約の後にダウンロードしたソフトを認証して使うシステムになっています。
今後ホームページの作成もしてみたいというお話でしたが、とりあえずIllustratorとPhotoshopのクラウド版の契約をし、必要な際にホームページ作成のためのソフトウェアも使える契約に変更することをお薦めさせて頂きました。

●Illustratorのペンツールの使い方
ご自分でロゴを制作されているということで、ペンツールの基礎的な使い方のレッスンをしました。Illustratorは図形ツールを使って図形を描く方法と、ペンツールを使って自由な形を描く方法があります。
本日はペンツールの基本的な使い方を紹介しましたが、文章で説明するのは難しいところもあるので省略致します。
ペンツールについては、どうしてもある程度の慣れが必要なので、ある程度ご自分での自習をお薦めしました。レッスンでも基本的な操作法はお教えしますが、図形ツールを使って図形を描く方法などでIllustratorの動作に慣れて頂く方向でのレッスンができればと思っております。

●3つ折りのパンフレットを作るには
Illustratorには、折り加工についての特別な設定などはありません。印刷物には、断裁の際の基準やインキの重ね合わせの目印となる「トンボ(トリムマークとも言います)」を必ずつけなければならないのですが、3つ折の印刷物については、どこで折るかを指示するための「折りトンボ」というものをデータ上でつけ、どのように折るか(ページの順番など)の指示が別途必要になります。

本日のレッスンでは、主に上のような内容と、あとはどのようなレッスンができるかというお話をさせて頂きました。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta