Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート Illustratorでカタログのフォーマット作り

Illustratorでカタログのフォーマット作り

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もレッスンお疲れ様でした。
今日はIllustratorにて、カタログの台紙となる部分のフォーマットを作りました。
簡単にですが、レッスンのポイントをまとめておきます。

●フォーマットの考え方
ページのフォーマットを作るには、ページの外側のマージンを決め、それからその内側の各セクション(専門的にはコラムといいます)の間のマージン幅を決めて、大まかなフォーマットを決めていきます。

●Illustratorのファイル設定
以前レッスンしたIndesignと、ファイルの設定の方法は似ています。Indesignでは新規ファイルの設定のさいにマージンなどの設定に移りますが、Illustratorではマージン設定がないので、自分でガイドラインを作成する必要があります。

●Illustratorでガイドを作る
Illustratorには、四角形などのオブジェクトを使って、レイアウトのガイドを作成できる機能があります。
長方形ツールを使って長方形を描き、それの位置を変形パネルで数値指定しながら、最初に決めたフォーマット通りに長方形を配置します。配置やサイズの設定が終わったら、「表示>ガイド>ガイドを作成」で各オブジェクトをガイド化します。ガイド化されたオブジェクトは、画面上では線が表示されていますが、印刷はされないガイドラインとなります。このガイドを動かないようにしたい場合は、「表示>ガイド>ガイドをロック」でロックできます。

●Illustratorで線をひく、文字を入力する
これらは基本的はInDesignと同じツールや操作でできるので、説明は省きます。ペンツールの細かな使い方は、今後のレッスンでお教えできればと思います。

●ペンツールや図形ツール、選択ツールを使う時のコツ
ペンツールを使うとき、shiftボタンを押しながらクリックしていくと、描きたい線の方向が水平/垂直/45度に制限されます。図形ツールを使う時には、shiftボタンを押しながら操作すると、天地左右のサイズが同じ図形(正方形や正円)を描くことができます。選択ツールを使用している場合は、オブジェクトの移動方向が水平/垂直/45度に制限されます。
また、選択ツールを使ってオブジェクトをドラッグする際、optionキーを押しておくと、ドラッグするオブジェクトを複製することができます。この時さらにshiftキーを押しておくと、水平/垂直/45度位置に限定されてオブジェクトが複製されます。平行な線や、同じ高さに線をオブジェクトを複製したい場合には便利なのでぜひ覚えて下さい。
ちなみにcommand+Mキーの「移動」のショートカットを使うと、距離指定をしながらオブジェクトの複製ができます(必ず左下の「コピー」のボタンを押して下さい)。

こんなところでしょうか。変形パネルや整列パネルの使い方もお教えしましたが、こちらは以前レッスンで取り上げたInDesignの使い方とほぼ同じなので省略します。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta