Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート 調整レイヤーを使った写真の色補正

調整レイヤーを使った写真の色補正

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

(1)色調整を行う範囲の選択
今回は写真全体ではなく一部分(犬)だけを調整したかったので、まずは調整する部分のみを選択しました。

クイック選択ツールなどでざっくり選択する

選択範囲>境界線を調整 で表示モードをオーバーレイにし、犬の輪郭を1周なぞりながら、境界線をきれいにしていく

出力先を「新規レイヤー(レイヤーマスクあり)」にしてOKを押す

レイヤーパネルで必ずレイヤーマスクのほうを選んでいる状態で、ツールをブラシツール等にして消したい部分を黒、選びたい部分を白に塗ってさらに調整を行う

(2)特定色域の選択
レイヤーマスクのサムネイルをcommand+クリックで選択範囲にする

レイヤー>新規調整レイヤー>特定色域の選択 で、画像を見ながら「レッド系」のマゼンタとブラックを少し上げる

(3)色相・彩度
レイヤーマスクのサムネイルをcommand+クリックで選択範囲にする

レイヤー>新規調整レイヤー>色相・彩度 で、画像を見ながら調整する

(4)レベル補正
レイヤーマスクのサムネイルをcommand+クリックで選択範囲にする

レイヤー>新規調整レイヤー>レベル補正 で、真ん中のグレーのスライダを若干右にずらすと、白っぽさが解消されて色に深みが出てくる

(5)明るさ・コントラスト
レイヤーマスクのサムネイルをcommand+クリックで選択範囲にする

レイヤー>新規調整レイヤー>明るさ・コントラスト で、画像を見ながら明るさとコントラストを調整する

以上、レッスン内で行った内容です。

(6)プロファイルの変換
その後いろいろとやってみたのですが、まずCMYKにする時点でそもそもあまり変わらないのが一番なので、イメージ>モード>CMYK でCMYKカラーにするのではなく、編集>プロファイルの変換 で変換後のカラースペースを「作業用CMYK」にして、マッチング方法を変えてみながらプレビューを見て、一番色の変化が少ないものを選ぶ、という方法が良いのかな、と思いました。

デフォルトでは「知覚的」になっていて、元画像にもよりますが、「相対的な色域を維持」にするとあまり変わらないことが多いです。
サンプル画像を送りしますので、参考にしてみてください。

どちらでやってもCMYKになるという結果は同じです。しかし、イメージ>モード…のほうは、デフォルトの設定をそのまま使って行うので、どんな画像を変換する際にも一律の設定で行われてしまいますが、編集>プロファイルの変換のほうは、その画像を見ながら良さそうなものを選んで変更することができます。

(7)カラーの適用
レッスン中にお話しした、作業中の画像に、ソース画像の色味を適用する方法です

イメージ>色調補正>カラーの適用

ここに分かりやすくやり方が載っています
http://jukelog.com/photoshop-matching-colors/

こちらはしかし、同じカラーモード同士でなければソースとして扱えないようです。
このレッスンノートを書いたコーチ

雑誌表紙デザイン~Webディレクションまで実績豊富。着実な上達をサポート

カオリデザインスクール
森脇香織 (Illustrator)

渋谷・長津田・町田・たまプラーザ

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta