サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート 本日は体験レッスンお疲れ様でした。...

本日は体験レッスンお疲れ様でした。...

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした。
今日は初めてのレッスンということで、詰め込み気味のレッスンとなってしまいましたが、Illustratorなどのグラフィックソフトで何ができるのかご理解頂けましたでしょうか。
ざっとではありますが、本日のレッスンの内容をまとめておきます。

●文字がアウトライン化されたIllustratorのファイルを再編集する
お仕事で文字がアウトライン化されたファイルを再編集しなければならないということで、そのような場合の一般的な対応策を説明しました。
文字の部分には元のテキスト情報が残っていないので、改めて文字部分を自由に編集する場合、元のファイルのアウトライン化された文字を参考にしながら、その体裁を真似て改めて文字を入力していくしかありません。
具体的には、元の文字の上に文字ツールでテキストフレームを作成し、文字を入力した後、文字ツールでフォントや文字サイズ、行間、文字間などが重なるように設定します。
今回お持ち頂いたパンフレットは、デザインが似ているものを、定期的に文字や写真を入れ替えて印刷されているということでしたので、時間のある時にでも、全ての文字を一度上の方法でテキスト化しておくと、今後の作業も楽にできるのでおススメします。

●Illustrator上の画像の配置
Illustratorファイル上の写真(ビットマップ画像)の配置には、一般的にはリンク画像といって、Illustratorのファイルの外部にある画像ファイルをリンクさせて読み込ませる方法と、Illustratorファイル内にその画像のデータ自体を埋め込んでいる方法、この二つの方法があります。Illustratorで作成したファイル上の画像を後で再編集したい場合には、リンク画像の方法をとり、後でそのファイルをPhotoshopで編集する方法が一般的です。

●Illustrator上の画像をPhotoshopで再編集する
Illustratorの画像の一部分を消したい場合、いくつかの方法があります。
一番多く使われるのは、上で説明したように、Illustratorのファイルにリンクされている画像をPhotoshopで開き、Photoshopのコピースタンプツールや、消しゴムツールなどを使って不要な部分を上書きしたり、消す方法です。
また、白地の部分にある文字などを消したい場合には、Illustrator上で白いオブジェクトを重ねたり、クリッピングパスを使って隠すなどの簡易的な方法もあります。

●PDFファイルを再編集する
PDFを編集するには、アクロバットでの編集も可能ですが、Illustratorで一度開いてから再編集する方がより自由に編集できるので、こちらの方法を紹介しました。
Illustratorで開いてみると、画像がバラバラになってしまっている場合もあります。この場合はIllustrator上での編集が難しいので、PhotoshopでPDFを開きビットマップ画像化してから、再編集する方法もお伝えしました。

ざっとですがこんなところでしょうか。
このレッスンノートを書いたコーチ

DTPの著書が大好評のデザイナー!豊富な知識で印刷物の作成をサポート

Illustratorデザイン講座
柳田寛之 (Illustrator)

代々木・新宿・四ツ谷・市ケ谷・飯田橋・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・九段下・神...

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta