Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート 一番基本的な文字ツール、図形(オブジェクト)ツール

一番基本的な文字ツール、図形(オブジェクト)ツール

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

illustratorレッスン1回目

大変お疲れさまでした。

本日は一番基本的な文字ツール、図形(オブジェクト)ツールを行いました。

1,画面の見方
  上部・・・メニューの種類、細かい設定など。
  左部・・・ツール(道具)の種類。

2,ファイル(上部メニュー)
  書類の新規作成、保存、別名保存などはここで行います。

3,文字ツール
  ・文字を入力出来ます。
  ・上部に並んだ設定項目で、細かい編集が出来ます。
   (書体の変更・大きさを変える・行間・文字間・右、左、中央合わせなど)
  ・文字列を選択した状態で、altキーを押しながら左右キーを押すと文字間を調節出来ま    す。

4,オブジェクト(図形)ツール
  ・長方形、角丸長方形、楕円、星などを作成出来ます。
  ・altを押しながら作成すると、クリックした場所を中央として作成出来ます。
  ・楕円ツールでは、shiftを押しながら作成すると、正円が作成出来ます。
  ・角丸長方形では、作成する時にクリックしたままの状態で上下キーを押すと、
   角丸の大きさを変えられます。
  ・星ツールを作成するとき、shiftを押しながら作成すると上下水平が保たれます。
   角丸と同様に、作成するとき、上下キーで星の頂点の数を変えられます。
   作成するとき、ctrlキーを押したまま動かすと円から頂点の距離を変えられます。
  ・図形をコピーする場合は、altを押したまま選択して移動するとコピー出来ます。
   さらにshiftも押しながらコピーすると、水平素直が保たれた状態でコピー出来ます。

   shift(水平、垂直)、alt(コピー)、ctrl(角丸の大きさ、頂点の数を変える)
   これらは、よく使用するので、やっていくうちに自然に覚えていきます。

5,選択ツール(黒矢印)・・・移動したり、選択解除する時に良く使います。

これらを使って、A4サイズの中に色々作成してみて、遊んでみて下さい。
まだ初めての体験なので、覚えられない事もありますが、これらの基本は頻繁に使用するので、
自然に覚えていくと思います。焦らずに遊びながらやってみて下さい。

ハットグラフィック立川



  

  
  
このレッスンノートを書いたコーチ

チラシからWeb、舞台美術まで幅広くこなすデザイナー兼役者先生

ハット・グラフィックアトリエ
立川真也 (Illustrator)

渋谷・新宿・池袋・練馬・豊島園・新宿三丁目・西早稲田

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta