サイタ趣味の習い事絵画教室イラスト 東京 カッコいいイラスト描き方講座 レッスンノート 描くものの目標を定める=描く方向性をブレさせない

描くものの目標を定める=描く方向性をブレさせない

イラスト描き方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンからの一回目のレッスンでした。

生徒さんは「あるリアルな内容のイラストを仕事としてデジタルで描けるようになる」のが目標ですが、生徒さんが描きたい内容やイメージをすり合わせするため、自分がライブドローイングさながら実際にiPadで絵を描いてみる時間になりました。
いくつかの書き方を実践しながら確認をしていくという時間でしたが、実際に描いているところを見ることで、生徒さんの中でやってみたいことが見えてきたようでよかったです。

その中で、「一通り描いた後、その絵を使って絵のテイストを変えられるか」という質問を受けましたが、出来ないというよりはやらない方がいいと答えました。
それをやると、目指すところがブレてくるからです。
出来るだけ、目指す方向性は描く前に決めておくといいですね。

さて生徒さん、「次回までに道具を揃えたい!」とヤル気満々でしたので、こちらも道具の使い方を完璧にしとかなきゃと思いました!
新着レッスンノート

人がポーズを取ると、当たり前ですが体のパーツそれぞれが立っているときと違う方向を向いたりします。 その理屈を追いかけるワークが必要となります。

構図=距離を制する 透明なものを描く=光が当たって透ける効果を描く

髪の毛の色の付け方、その基本的なところからバリエーション、また生徒さんのタッチに合う塗り方などをレッスンしました。

リアル系の人間のイラストを描いてみたいという生徒さん。今回は正面顔の描き方を説明しました。 顔はバランスをうまく取るのがポイントです。

斜め顔は誰もがよく描くアングルですが、バランスが取れないと残念な顔になってしまいます。 そのバランスを取るのに必要なのは、極めて基礎的な方法なのです。 「顔に十字を切ること」をナメている人は、その本質に気付いてない人かも知れません。

レッスンノート ページ先頭へ

イラスト情報

サイタのイラスト講師がブログを通して、イラスト情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!